自動でサイトマップを生成するWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」

今回は自動でサイトマップを生成するWordPressプラグイン、「PS Auto Sitemap」をご紹介いたします。

「PS Auto Sitemap」とは

PS Auto Sitemap ダウンロードページ

WordPress › PS Auto Sitemap « WordPress Plugins

「PS Auto Sitemap」は投稿ページや固定ページを、自動でサイトマップとして出力してくれるプラグインです。

ページが増加するごとに、サイトマップにページタイトルを手動で追加していく場合、追加作業自体を忘れてしまっていたり、見出しなどを間違って記述してしまうこともあります。

「PS Auto Sitemap」はそういった悩みから解消してくれます。

使い方

PS Auto Sitemap」をダウンロドードした後、まずはサイトマップ用の固定ページを用意します。

固定ページを作成

PS Auto Sitemap 固定ページを作成

  1. エディタをテキストモードにします。
  2. パーマリンクを決めます。
  3. コードを入力します。
  4. 管理画面のサイトマップのURLに表示されるIDを控えておきます。

エディタに記述するコードは下記のようになります。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

設定

「PS Auto Sitemap」の設定を行います。

PS Auto Sitemap 設定

  1. 先ほど控えたIDを入力します。
  2. 変更を保存します。

サイトマップを確認

作成したサイトマップページのURL(パーマリンク)にアクセスして、表示を確認します。

PS Auto Sitemap 表示確認

投稿ページと固定ページの一覧が、作成したサイトマップページに表示されています。

実際のぺージは「サイトマップ | PC ウェブログ」で確認することができます。

※サイトマップの表示はWordPressのテーマによって異なります。

まとめ

  • 「PS Auto Sitemap」をダウンロードし、サイトマップ用の固定ページを用意。
  • テキストモードのエディタにコードを入力。
  • 管理画面のサイトマップのURLに表示されるIDを控える。
  • 「PS Auto Sitemap」の設定IDを入力して保存。
  • 作成したサイトマップページで表示を確認する。

。「PS Auto Sitemap」を使うと、ページの数が増えていっても、サイトマップを自動で生成してくれるので非常に便利です。

サイト全体の構成が一目でわかれば、サイトを訪れてくれるユーザーも、すぐに興味のあるページにアクセスできます。

古い記事の埋没の軽減や、SEOにも役立ちますので、「PS Auto Sitemap」はおすすめのプラグインです。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!