ローカルで利用していたgitを、「SourceTree」ソフトを使って途中からGitHubにプッシュする

The world's leading software development platform · GitHub

ローカルの環境で利用していたgitを、「SourceTree」ソフトを使って途中からGitHubに登録する時の方法をご紹介いたします。

gitを「SourceTree」ソフトで途中からGitHubに登録する

GitHub側の操作

GitHubで新規にリポジトリを作成します。

リポジトリを作成
  1. 「New repository」をクリック。
  2. 「Repository name」を入力。
  3. 「Public」または「Private」を選択。
  4. 「Initialize this repository with a README」にチェックを入れる。
  5. 「Create repository」をクリック。

画面右上のアイコンをクリックして、リポジトリの一覧画面に行きます。

作成したリポジトリをクリック
  1. 「Your profile」をクリック。
  2. 作成したリポジトリ名をクリック。

一覧画面で選択したリポジトリのURLをコピーします。

選択したリポジトリのURLをコピー
  1. 「Clone or download」をクリック。
  2. アイコンをクリックしてURLをコピー。

「SourceTree」ソフト側の操作

「設定」の「リポジトリ設定」から「追加」をクリックします。

「設定」の「リポジトリ設定」から「追加」をクリック

情報を入力して、「OK」をクリックします。

情報を入力して、「OK」をクリック
  1. リモート名:適当な名称を入力。
  2. Githubで作成したリポジトリのURLを張り付ける。
  3. 「OK」をクリック。

次に「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

選択したプロジェクトを設定したリモートリポジトリにプッシュします。

リモートリポジトリにプッシュ
  1. プッシュするプロジェクトを選択。
  2. プッシュ先を選択。
  3. プッシュ先のURLを確認。
  4. プッシュする対象をチェック。
  5. 「プッシュ」をクリック。

上記の操作で、ローカルで利用していたgitを「SourceTree」ソフトを使って途中からGitHubにプッシュする操作が完了します。

リモートするリポジトリを追加

リモートするリポジトリを追加する時は下記の操作を行います。

リモートするリポジトリを追加
  1. 「設定」アイコンをクリック。
  2. 「追加」をクリック。
  3. 「名前」を入力。
  4. Githubで作成したリポジトリのURLを張り付ける。
  5. 「OK」をクリック。

まとめ

ローカルで利用していたgitを、途中からGitHubに登録するのはなんだか面倒な気がしていましたが、意外と簡単にできました。「SourceTree」ソフトを利用している方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク