エディタなどに記述した複数のURLをコピーしてブラウザで一気に開くChrome拡張の「Pasty」が便利

アプリ

エディタやエクセルなどに記述したURLをブラウザで確認するときはアドレスバーに毎回貼り付けていたのですが、そういった作業を楽にしてくれる「Pasty」というChrome拡張を使ってみたのでご紹介いたします。

インストール

Chrome拡張のPasty

Pasty – Chrome ウェブストア」からPastyをインストールをします。

使い方

PastyをインストールするとChromeの右上にアイコンが表示されます。

Chromeの右上にPastyのアイコンが表示
Chromeの右上にPastyのアイコンが表示

URLをコピーした後、Pastyのアイコンをクリックします。すると、コピーしたURLがChromeのタブで開かれます。

コピーしたURLがChromeで開かれる
コピーしたURLがChromeで開かれる

まとめ

  • ChromeウェブストアからPastyをインストールする。
  • Chromeの右上にPastyのアイコンが表示される。
  • 記述しているURLをコピーしてPastyのアイコンをクリックする。

Pastyはエディタなどに記述している複数のURLをChromeで手軽に確認できるのでとても便利です。Web上のリンクを開きたい場合は以前ご紹介した「Linkclump」があるので、それと合わせるとかなり幅が広がると思います。

気になった方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
アプリ
ボヘミアンをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
PC ウェブログ

コメント