手元で個別に電源を入り切りできるUSB充電ポート付のハードディスクケース、「裸族のカプセルホテル5Bay」を購入してみた

以前に外付けハードディスク(以下HDDケース)の「裸族のカプセルホテル」をご紹介いたしました。

先日、バックアップ用に使っていた外付けのHDDが論理障害によって壊れてしまいました。HDDを購入しようと思い、ふと以前から購入を考えていた「...

今回はその「裸族のカプセルホテル」の上位版である、「裸族のカプセルホテル5Bay」を購入してみたのでご紹介いたします。

「裸族のカプセルホテル5Bay」とは

「裸族のカプセルホテル5Bay」はセンチュリーの製品で、独立電源スイッチ搭載、SATA HDD/SSDを5台搭載可能な外付けのHDDケースで、以下のような特徴があります。

  • USB3.0での外付け。
  • SATA HDD/SSDを最大5台搭載可能。
  • SATA3.0(6Gbps)HDD/SSD対応。
  • 手元で各HDD/SSDの電源を個別にオン/オフする事が出来る電源リモートボックスを採用。
  • 電源リモートボックスにはスマートフォンやタブレットの充電が出来る充電専用USBチャージポートを3ポート搭載。
  • ドアを開けてHDD/SSDを入れるだけの簡単組み込み方式を採用。
  • PCの起動・終了に合わせてHDDと冷却ファンの回転を制御するPC電源連動機能搭載(Windowsのみ)。
  • 付属の「裸族のインナー」を使用することで、2.5インチSATA HDD/SSDの組み込みにも対応。

以前ご紹介した「裸族のカプセルホテル」と違う点は、HDDなどを搭載できるベイの数の増加(4つから5つ)、電源リモートボックス+充電専用USBチャージポートの追加が挙げられます。

仕様など
型番 CRCH535U3ISC
商品名 裸族のカプセルホテル5Bay
対応OS Windows 10 / Windows 8(8.1) / Windows 7 / Windows Vista、Mac OS 10.10.1 /10.9.4 /10.8.5 / 10.7.5
対応HDD 3.5″ SATA HDD/SSD(SATA I/II/3.0/1.5Gbps/3.0Gbps/6Gbps)※SATA HDD専用、6Gbpsに対応、インターフェイス側がUSB3.0のため、転送速度はUSB3.0が上限速度。10TBまでのHDDに対応(2016年7月時)。
インターフェイス
  • 【デバイス側】SATA I/Ⅱ/3.0/1.5Gbps/3.0Gbps/6Gbps
  • 【ホスト側】USB3.0
インターフェイス形状
  • 【デバイス側】Standard Bタイプ(To PC)
  • 【ホスト側】レセプタクル A タイプ(USBチャージポート)
冷却ファン仕様 6cm角×2 2,500rpm±15% ノイズレベル13.8dB ※冷却ファン単体での計測値
サイズ
  • 【本体】幅130mm×高さ185mm×奥行260mm
  • 【電源リモートボックス】幅130mm×高さ22mm×奥行55mm
重量 約3,300g(ドライブ含まず)
電源仕様
  • 【入力】AC 100V
  • 【出力】200W(12V 12A/5A 10A)
温度、湿度 温度5~35℃、温度20~80%(結露無き事、接続するPCの動作範囲内である事)。

「裸族のカプセルホテル5Bay」

内容物は以前紹介した「裸族のカプセルホテル」とほぼ同じになります。

裸族のカプセルホテル5Bay 内容物
「裸族のカプセルホテル5Bay」 内容物
  • 「裸族のカプセルホテル5Bay」本体と電源ボックス+USB充電ポート
  • 取り扱い説明書
  • 裸族のインナー
  • USB3.0接続用コード
  • 電源コード
  • 扉を開け閉めするカギ

正面です。HDDを差し込むBayが5つあります。

裸族のカプセルホテル5Bay HDDを差し込むbayが5つある
HDDを差し込むbayが5つある

ケースの中身です。奥に基盤とHDD/SSDを差し込む端子が見えます。

裸族のカプセルホテル5Bay 奥に基盤とHDD/SSDを差し込む端子がある
奥に基盤とHDD/SSDを差し込む端子がある

後ろです。電源スイッチとUSBポート、電源コードの差し込み口、ファンが2つあります。

裸族のカプセルホテル5Bay 電源スイッチとUSBポート、電源コードの差し込み口、ファンが2つ
電源スイッチとUSBポート、電源コードの差し込み口、ファンが2つある

電源ボックスです。5つの電源ボタンがあります。この電源ボックスのボタンで個別に電源を入り切りします。

裸族のカプセルホテル5Bay 電源ボックスのボタンで個別に電源を入り切りする
電源ボックスのボタンで個別に電源を入り切りする

電源ボックスの前方には3つの充電用USBポートがあります。

裸族のカプセルホテル5Bay 3つの充電用USBポートがある
3つの充電用USBポートがある

「裸族のカプセルホテル」と「裸族のカプセルホテル5Bay」を並べてみました。

「裸族のカプセルホテル」と「裸族のカプセルホテル5Bay」
「裸族のカプセルホテル」(左)と「裸族のカプセルホテル5Bay」(右)

「裸族のカプセルホテル5Bay」は「裸族のカプセルホテル」の電源部分の場所がそのまま下にずれて、Bayが増える形になっています。

HDDをセットし起動

HDDを各Bayにセットします。

裸族のカプセルホテル5Bay HDDを各Bayにセット
HDDを各Bayにセット

HDDを滑らせるように奥に差し込み、扉を閉めてからカギを△穴に入れて回し、施錠します。

裸族のカプセルホテル5Bay HDDを奥に差し込み、施錠する
HDDを奥に差し込み、施錠する

電源ボックスのボタンを押し、各HDDを起動させます。電源ボックスにはマグネットが内蔵されているので、私はデスクトップPCのサイドに取り付けました。

裸族のカプセルホテル5Bay 電源ボックスを取り付け、ボタンを押し、各HDDを起動
電源ボックスを取り付け、ボタンを押し、各HDDを起動

ケース本体はボタンに対応したHDDのランプが点灯します。HDDの読み込みや書き込みなどが、このランプの点滅などで確認することができます。

裸族のカプセルホテル5Bay ケース本体はボタンに対応したHDDのランプが点灯
ケース本体はボタンに対応したHDDのランプが点灯

USB充電ポートで充電

電源ボックスには3つの充電用USBポートが付いているので、モバイル端末などを同時に3つまで充電することができます。

裸族のカプセルホテル5Bay モバイル端末などを同時に3つまで充電できる
モバイル端末などを同時に3つまで充電できる

外付けHDDケース「裸族」シリーズのメリット・デメリット

よい機会なので外付けHDDケースである、「裸族」シリーズのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • PCから独立しているので他のPCにデータを移動する場合など、データの取り扱いがしやすい。
  • ベイの数が多く、大体1個のケースで済むので配線でごちゃごちゃしない。
  • 余っているHDDやSSDを有効活用できる。
  • HDDやSSDが劣化して交換する場合、ケースはそのまま使用し、ディスクを購入するだけでよいので財布に優しい。
  • 特殊な工具なども必要なく、手軽にHDDを交換できる。

デメリット

  • ケースを設置する分のスペースが必要になる。
  • 外付けなのでPC内で接続されているHDDやSSDと比較すると転送速度は落ちる。

利用していて気づいたメリット・デメリットは上記のようになりました。

なぜ「裸族のカプセルホテル5Bay」にしたか

一番の大きな理由は「裸族のカプセルホテル」ではベイの数が足りなくなったことが挙げられます。「裸族のカプセルホテル」のベイは4、「裸族のカプセルホテル5Bay」は名称通りベイは5となります。「裸族のカプセルホテル」では下記のような使い方をしていました。

以前の「裸族のカプセルホテル」の使用用途
1ベイ システムデータをバックアップ
2ベイ 1ベイの内容をコピー
3ベイ 通常のデータをバックアップ
4ベイ 3ベイの内容をコピー

上記に加え、バックアップやコピーの他に、一時的にデータを格納するためのベイが必要になりました。そこで購入するのであれば、今まで利用していて不都合のない「裸族のカプセルホテル」シリーズで、ベイが5つある「裸族のカプセルホテル5Bay」の購入を決意しました。リモートでの個別電源のオン/オフに興味があり、ちょうどUSBポートが複数ある充電機を購入しようと考えていたので、電源リモートボックス+USB充電3ポート付の「裸族のカプセルホテル5Bay」は自分にはピッタリの製品でした。

「裸族のカプセルホテル5Bay」の使用用途
1ベイ システムデータをバックアップ
2ベイ 1ベイの内容をコピー
3ベイ 通常のデータをバックアップ
4ベイ 3ベイの内容をコピー
5ベイ 一時的にデータを格納。

HDDのコピーは以前ご紹介したフリーソフトでミラーリング(RAID1)、またはクローンで行っています。

以前からミラーリングに興味があったので、「FileGee」というソフトを使って外付けHDDでミラーリングをしてみたのでご紹介いたします。 ...
デスクトップやノートブック用で最高の無料Windowsバックアップソフトウェア-AOMEI Backupper 先日データ用のHDDをいつ...

注意点

HDDの電源を個別に切る場合はかならず、「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」からメディア(HDD/SDD)を取り出すようにしましょう。PCとつながったまま、個別に電源を切るとHDDが読み込まなくなったり、データが壊れる可能性があります。PCの電源をつけたまま、カプセルホテルの背面にある主電源スイッチを切るときも同様です。

右下にあるインジケーター(Windows)から「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を選択。

「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を選択
「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」を選択

取り外すドライブを選択してクリックします。

取り外すドライブを選択
取り外すドライブを選択

まとめ

  • USB3.0での外付け、SATA HDD/SSDを最大5台搭載可能。
  • 手元で各HDD/SSDの電源を個別にオン/オフする事が出来る。
  • 電源リモートボックスでスマートフォンやタブレットの充電が出来る。

使ってみた感想としては、手元で電源を入り切りできるのが、予想以上に便利だと感じました。また、 iPod touch、モバイルルーター、携帯電話と、私が普段使っている端末がちょうど3つだったので、電源ボックスについているUSB充電ポートはまさに打って付けの機能でした。あとは「裸族のカプセルホテル」のよい部分がそのまま受け継がれているといった感じです。

Amazonでの当時の価格になりますが、初期の「裸族のカプセルホテル」で14,718円、「裸族のカプセルホテル5Bay」が21,116円で、差額が6,398円とそこそこの開きがあります。

HDDを入れるベイの数は4つで十分、手元で電源のオン/オフは特にしないし、USB充電ポートも間に合っている、といった方は以前ご紹介した「裸族のカプセルホテル(現在はVer.2が出ている)」で十分だと思います。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!