FileGeeソフトを使って外付けHDDをミラーリングしてみた

以前からミラーリングに興味があったので、「FileGee」というソフトを使って外付けHDDでミラーリングをしてみたのでご紹介いたします。

ミラーリング環境は以下の記事で紹介しています。

ハードディスクケースの「裸族のカプセルホテル」を購入してみた
先日、バックアップ用に使っていた外付けのHDDが論理障害によって壊れてしまいました。HDDを購入しようと思い、ふと以前から購入を考えていた「...

ミラーリングとは

ミラーリングとは、データの複製を別の場所にリアルタイムに保存することを言います。また、ミラーリングはRAID1とも呼ばれており、RAIDは複数のハードディスクを組み合わせて容量を増やしたり高速化を図ることを言います。

以下にミラーリング(RAID1)のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 同時に故障する確率は低いので、物理障害(機械的な故障)に強い。
  • 壊れた場合、ドライブを差し替えるだけなのでデータ復旧が早い。
  • リアルタイムでデータを複製・保存できる。
  • ある程度手軽にできる。

デメリット

  • 大容量のミラーリング用のドライブが必要(元のドライブと同等かそれ以上)。
  • 誤ってデータを消去、上書きした場合、もう一方のドライブにも反映される。
  • データをそのままコピーするのでウイルス感染には対応できない(ミラーリングのドライブも障害を受けてしまう)。
  • 同時に書き込むので、保存元と同じ程度にミラーリング用のドライブも消耗する。

「FileGee」を導入する

ダウンロードする

「FileGee」の「ダウンロード」ページに行き、無料のパーソナル版をダウンロードします。

FileGee パーソナル版
「FileGee」パーソナル版を選択

パーソナル版の対応OSはWindows Vista、7、8/8.1、10となっています。

インストールする

zipがダウンロードされるので、アイコンをクリックして解凍します。

FileGee アイコンをクリックして解凍
アイコンをクリックして解凍

フォルダが展開されるので中に入ります。

FileGee フォルダが展開される
フォルダが展開される

フォルダ内にインストーラーがあるので、クリックしてインストールします。

FileGee インストーラーをクリック
インストーラーをクリック

セットアップウィザードが起動するので、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 「次へ」ボタンをクリック
「次へ」ボタンをクリック

使用許諾に同意して「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 使用許諾に同意する
使用許諾に同意する

インストール先を指定して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee インストール先を指定
インストール先を指定

スタートメニューに作成されるプログラム名を確認して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee スタートメニューに作成されるプログラム名を確認
スタートメニューに作成されるプログラム名を確認

「デスクトップ上にアイコンを作成する」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 「デスクトップ上にアイコンを作成する」にチェックを入れる
「デスクトップ上にアイコンを作成する」にチェックを入れる

インストール先、プログラムグループを確認して「インストール」ボタンをクリックします。

FileGee インストール先、プログラムグループを確認
インストール先、プログラムグループを確認

インストールが完了するので「完了」ボタンをクリックします。

FileGee 「完了」ボタンをクリック
「完了」ボタンをクリック

これでインストールは完了です。

タスクタイプ

「FileGee」のタスクタイプは豊富で複数の種類があります。

同期

一方的同期

FileGee 一方的同期
一方的同期

元ディレクトリと保存先ディレクトリを同期する。保存先ディレクトリの変更は元ディレクトリに反映されない。

相互的同期

FileGee 相互的同期
相互的同期

元ディレクトリの変更を保存先ディレクトリへ反映する。保存先ディレクトリの変更も元ディレクトリに反映する。

ミラー同期

FileGee ミラー同期
ミラー同期

元ディレクトリと保存先ディレクトリを完全に一致させる。

移動同期

FileGee 移動同期
移動同期

元ディレクトリの全ファイルを保存先ディレクトリへ移動する。

更新同期

FileGee 更新同期
更新同期

元ディレクトリの変更を保存先ディレクトリへ反映する。前回作業ファイルを保存先ディレクトリから削除する。

累加同期

FileGee 累加同期
累加同期

元ディレクトリの変更を保存先ディレクトリへ反映する。前回作業ファイルを保存先ディレクトリから削除しない。

バックアップ

増分バックアップ

FileGee 増分バックアップ
増分バックアップ

元ディレクトリの変更を保存先ディレクトリへ反映する。保存先にサブフォルダを作って、作業ファイルを保存する。後に各バックアップ時のディレクトリを完全に復元できる。

完全バックアップ

FileGee 完全バックアップ
完全バックアップ

元ディレクトリの変更保存先ディレクトリへ反映する。保存先にサブフォルダを作って、全ファイルを保存する。後に各バックアップ時のディレクトリを完全に復元できる。

使い方

タスクの新規作成

デスクトップに作成されたショーカットアイコンをクリックして、「FileGee」を起動します。

FileGee ショーカットアイコンをクリック
ショーカットアイコンをクリック

「FileGee」が起動しました。

FileGeeが起動
「FileGee」が起動

「新規タスクの作成」を選択して、タスクを作成します。

FileGee 「新規タスクの作成」を選択
「新規タスクの作成」を選択

タスクタイプを選択してタスク名称を入力した後、「次へ」ボタンをクリックします。ここでは「ミラー同期」を例にすすめていきます。

FileGee タスクタイプを選択
タスクタイプを選択

フォルダをアイコンをクリックして、元ディレクトリを選択します。

FileGee フォルダアイコンをクリック
フォルダをアイコンをクリック

元ディレクトリを選択します。ここではEドライブの外付けHDDを選択しています。

FileGee 元ディレクトリを選択
元ディレクトリを選択

元ディレクトリを選択した後、ディレクトリ名を確認して「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 元ディレクトリ名を確認
元ディレクトリ名を確認

先ほどと同じようにフォルダアイコンをクリックします。

FileGee フォルダアイコンをクリック
フォルダアイコンをクリック

保存先のディレクトリを選択します。ここではJドライブの外付けHDDを選択しています。

FileGee 保存先のディレクトリを選択
保存先のディレクトリを選択

保存先ディレクトリを選択した後、ディレクトリ名を確認して「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 保存先ディレクトリ名を確認して「次へ」ボタンをクリック
保存先ディレクトリ名を確認

同期・バックアップするファイルの種類を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 同期・バックアップするファイルの種類を選択
同期・バックアップするファイルの種類を選択

スケジュール方式を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee スケジュール方式を選択
スケジュール方式を選択

タスクの自動リトライモードを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee タスクの自動リトライモードを選択
タスクの自動リトライモードを選択

ログの自動削除モードを選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee ログの自動削除モードを選択
ログの自動削除モードを選択

設定したいオプションがあれば選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee オプション選択
オプション選択

さらに詳細な設定も可能です。「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee 詳細オプション設定
詳細オプション設定

タスク実行前に行うコマンドラインの設定なども可能です。「次へ」ボタンをクリックします。

FileGee コマンドラインの設定
コマンドラインの設定

結果をメールで送信させる設定をすることもできます。「完了」ボタンをクリックします。

FileGee 結果をメールで送信させる設定
結果をメールで送信させる設定

タスクを実行する

タスク名称に入力した名称が表示されるので選択し、「実行」をクリックします。

FileGee タスクを選択して「実行」をクリック
タスクを選択して「実行」をクリック

「タスク進捗」に選択したタスクの進捗がリアルタイムで表示されます。

FileGee タスクの進捗表示
タスクの進捗表示

タスクの完了は「タスク進捗」確認できます。

FileGee 実行結果
「タスク進捗」に実行結果が表示

まとめ

  • 「FileGee」パーソナル版は無料。
  • パーソナル版の対応OSはWindows Vista、7、8/8.1、10。
  • タスクタイプが豊富。

ミラーリングは同じ内容のドライブを存在させたい時にはピッタリの方法です。同じ内容のドライブが2台あるので、壊れた時の保険になります。また、壊れたドライブは交換するだけなので非常に楽です。

注意点として、一般に言われるミラーリングは更新も削除もリアルタイムに行うので、厳密には「バックアップ」ではありません。本当の意味でバックアップを行いたい時は、ミラーリングではなく保存専用の別のドライブを用意するとよいでしょう。個人的にバックアップは「ミラーリング」+「保存(バックアップ)」がベストだと考えています。

「FileGee」パーソナル版は高機能なソフトなのでおすすめです。気になった方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

FileGeeソフトを使って外付けHDDをミラーリングしてみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!