低価格で大容量のモバイルバッテリー「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」を買ってみた

モバイルバッテリーの「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」を購入してみたのでご紹介いたします。

22,400mAh「EC Technology POWERBANK」

箱と内容物

箱はちょっとおしゃれな感じです。

EC Technology POWERBANK 22,400mAh 箱はちょっとおしゃれ

箱を開けるとバッテリーと給電用のマイクロUSBケーブルが迎えてくれます。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 箱を開けるとバッテリーと給電用のマイクロUSBケーブル
バッテリーと給電用のマイクロUSBケーブル

内容物は取扱説明書、バッテリー本体、マイクロUSBケーブルの3つです。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 内容物は取扱説明書、バッテリー本体、マイクロUSBケーブルの3つ
内容物

取扱説明書は多国語で記載さており、珍しく日本語でも記載されています。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 取扱説明書は日本語でも記載
取扱説明書
EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh マイクロUSBケーブル
マイクロUSBケーブル

バッテリー本体は重いと噂されていましたので、気にし過ぎていたせいか、実際に持って見ると気になるような重さではありませんでした。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 重さはそれほどない
バッテリー本体

カラーは黒がメインでアクセントに赤が使用されています。私が使用しているメインマシンの「Lev-R017-i7-XM(レベルインフィニティ)」と同じカラーリングなので、並べると親子のような感じで少しうれしかったりします。

機能

バッテリー自体への給電は側面にあるマイクロUSB端子から行います。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 側面にマイクロUSB端子がある
側面のマイクロUSB端子

マイクロUSB端子の反対側には電源ボタンがあります。ボタンは側面と水平になっており、固めな感じになっているので、カバンの中に入れている時などに誤って電源ボタンを押してしまうこともありません。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh マイクロUSB端子の反対側には電源ボタンがある
反対側に電源ボタン

バッテリーには出力用のUSBポートが3つあります。それぞれiPhone(1A)、Samsung Tab(2A)、iPad(2.4A)と用途が分かれています。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 出力用のUSBポートが3つ
出力用のUSBポートが3つある

Samsung Tab(2A)ポートの真上にライトが付いており、電源ボタンを2回押すとLEDライトが点灯します。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 電源ボタンを2回押すとLEDライトが点灯
LEDライトが点灯

充電性能

電源を押すとフル充電されている場合、LEDが4つ点灯します。バッテリーの全容量は22,400mAhなので1ランプあたり5,600mAhでしょうか。

22,400mAhという容量は、iPhone4 /5が13回のフル充電、iPhone6/6sが7回のフル充電、iPad mini 2/3はフル充電を約4.5回ほど行えるらしいです。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 1ランプあたり5,600mA
1ランプあたり5,600mAh

バッテリーの使用

マイクロUSBケーブルをバッテリーに挿し、パソコンなどと接続することでバッテリーは給電されます。画像ではわかりませんが、給電するとLEDランプが点滅します。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh 給電するとLEDランプが点滅
給電するとLEDランプが点滅する

私はiPod TouchとNTT東からレンタルしている光ポータブルの「PWR-Q200」でモバイルのデータ通信を行なっているので、下記のような構図でバッテリーを使用することが主な使い方になります。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh iPod Touchと光ポータブルの「PWR-Q200」を充電
端末と接続

または「PWR-Q200」で二つ差し込んでいるUSBの一個を外し、ガラケー充電用のUSB充電ケーブルを差し込んで使うことになります。

EC-Technology-POWERBANK  22,400mAh iPodTouch、モバイルルーター、フィーチャーフォンを充電
フル接続

「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」の仕様

対応機種 iPhone6s plus,iPhone 6s,iPhone 6,iPhone 5sなどのiPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応
サイズ 160mm(縦)×80mm(横)×23mm(高)
重さ 462g
表面材質 プラスチック
入力 5V/2A
出力 Max 5V/3.1A
バッテリー容量 22,400mAh
セル 18650リチウム電池
給電 マイクロUSBポートの1入力
USBポート iPhone(1A)、Samsung Tab(2A)、iPad(2.4A)の3出力

機能と内容に対しての低価格

モバイルバッテリーとしての性能自体は特筆するべきものは特にないものの、「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」の見るべきところは22,400mAhという容量に対しての価格でしょう。この記事の投稿時点で3,299円となっています。

番外

FOMA用USB充電ケーブル

今回「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」でドコモの「P906i」携帯を充電するために、リールタイプのFOMA用USB充電ケーブルを購入しました。

今では100円ショップでもあまり見かけなくなったので、バッテリーと一緒に購入しました。FOMA/SoftBank3Gなどの携帯を使用している方で、「USBポートで充電をしたい!」といった方にはおすすめです。

コアウェーブ FOMA用USB充電ケーブル リールタイプ CW-151F
FOMA用USB充電ケーブル
コアウェーブ FOMA用USB充電ケーブル リールタイプ CW-151F 本体
ケーブル取り出し

まとめ

  • 内容物は取扱説明書、バッテリー本体、マイクロUSBケーブルの3つ。
  • 取扱説明書は日本語でも記載されている。
  • バッテリーはそこまで重くはない。
  • 容量は22,400mAh。
  • iPhone4 /5が13回のフル充電、iPhone6/6sが7回のフル充電、iPad mini 2/3はフル充電を約4.5回ほど行える、らしい。
  • バッテリー自体への給電はマイクロUSBケーブルで行う。
  • USBポートはiPhone(1A)、Samsung Tab(2A)、iPad(2.4A)の3出力。
  • ライトにもなる。
  • 価格が安い。

「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」は22,400mAhの容量で3,299円という価格なので、かなりお買い得だと思います。

私はモバイルバッテリーを持っていなかったので、今まで外出やちょっとした旅行先などで、よくバッテリーが切れて満喫などで充電していました。ですが、これだけの容量があればバッテリー不足を恐れる必要はないでしょう。

「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」はたっぷり充電できる大容量で、お得な価格帯のバッテリーを探している方にはおすすめの商品です。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

低価格で大容量のモバイルバッテリー「EC Technology POWERBANK 22,400mAh」を買ってみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!