CRCエラーが出たので新しく3TB内蔵ハードディスクの「WD Blue」を買ってみた

外付けでバックアップに使っていた3TBの内蔵ハードディスク(以下HDD)の「WD Green」がCRCエラーを起こしたので、交換するために同じ3TB容量の「WD Blue」を購入することにしました。※CRCエラーが発生すると読込、書込、もしくはどちらも出来ない状態になる。

というわけで今回は3TB内蔵HDDの「WD Blue」をご紹介いたします。

「WD Blue」とは

「WD Blue」はウェスタン・デジタル製のHDDで、WDシリーズではスタンダードな位置づけのモデルです。3.5インチと2.5インチの2種類のサイズがあります。バリエーションでSSDキャッシュを搭載した「WD Blue SSHD」という製品もあります。

スタンダードなだけに重宝されるのか、日本で小売りされているHDDの1/3は「WD Blue」とまで言われています。

以前存在した「WD Green」は「WD Blue」に統合されました。回転数が7200rpmのHDDが元々存在している「WD Blue」で、5400rpmのHDDが統合された「WD Green」となります。

3TB「WD Blue」概要
フォームファクタ 3.5インチ
回転数 5400rpm
インターフェイス SATA3.0
キャッシュ 64MB
商品重量 739 g

WDシリーズ

Business Internal Storage | Western Digital(WD)

Business Internal Storage | Western Digital(WD)

いい機会なので、WDシリーズのHDDを簡単にですがご紹介いたします。現在は5種類のブランドがあり、用途によって5色のカラーネームが与えられています。

WDシリーズ概要
WD Blue 様々な用途にオーソドックスに対応。
WD Black ゲーマーやクリエイター向け。
WD Red RAID、NASシステム向け。
WD Purple 監視カメラ向け。
WD Gold データセンター向け。

スタンダードモデルの「WD Blue

「WD Blue」はスタンダードなモデルで、どんな用途にもオーソドックスに対応します。低消費電力、低発熱 、静音性に優れているという特徴があります。

ハイパフォーマンスな「WD Black」

「WD Black」は最高のパフォーマンスを実現できるように設計されているモデルで、ハイパフォーマンスを求めるゲーマー(ゲームプレイ)やクリエイター(写真、ビデオ)の用途に応えてくれるHDDと言えます。

RAID、NASシステム向け「WD Red

「WD REd」はRAID環境向けに検証、設計されているモデルで、NASシステムに向いているHDDと言えます。

監視カメラ向けの「WD Purple

「WD Purple」は24時間365日といった連続稼働を想定した設計がされており、監視カメラ向けのモデルとされています。

データセンター向けの「WD Gold

「WD Gold」はエンタープライズモデルとなっており、「WD Purple」と同様、24時間365日の運用を想定した設計がされています。他シリーズと比べ、耐久性も特に高くなっていることから、データセンター向けという位置づけになっています。シリーズの中で唯一10TBという大容量のモデルがあります。

開封の儀

包装といった包装はなく、梱包材のみと無駄を極力省いています。「6ヶ月延長保証」の記載がうれしいです。

3TB「WD Blue」 ダンボールに梱包されている
ダンボールに梱包されている

開封したところ、プラスチック製のビニールに包まれて入っていました。

3TB「WD Blue」 プラスチック製のビニールに包まれている
プラスチック製のビニールに包まれている

内容物は取扱説明書とHDD本体となります。

3TB「WD Blue」 内容物は取扱説明書とHDD本体
内容物は取扱説明書とHDD本体

WD「Blue」なので、張り付けられている用紙が青く色分けされています。

3TB「WD Blue」張り付けられている用紙が青い
張り付けられている用紙が青い

「WD Blue」をHDDケースに換装しクローンする

外付けのHDDケースを利用しているので、不具合が起きたHDDを交換し、データをコピーするためにクローンを行いました。

換装

外付けのHDDケースからCRCエラーを起こした「WD Green」を外し、新しく購入した「WD Blue」を換装します。

HDDケースから「WD Green」を取り外す
「WD Green」を取り外す
HDDケースに「WD Blue」を換装する
「WD Blue」を換装

初期化設定

パソコンに新しく接続したHDDを認識させるために設定(※Windows10の例)を行います。まず、左下のメニューからエクスプローラーアイコンをクリックします。

Windows10 エクスプローラーアイコンをクリック
エクスプローラーアイコンをクリック

「PC」を右クリックし、「管理」を選択します。

Windows10 「PC」を右クリックし、「管理」を選択
「PC」を右クリックし、「管理」を選択

左のメニューから「ディスクの管理」に行きます。接続されているHDDが表示されるので、「不明」となっているディスク上で右クリックし、「ディスクの初期化」を選択します。

Windows 「不明」となっているディスク上で右クリックし、「ディスクの初期化」を選択
「不明」となっているディスク上で右クリックし、「ディスクの初期化」を選択

下記のウィンドウが出てパーティションのスタイルをどうするか求められます。古いパソコンと互換性を持ちたい場合は「MBR」を、2.2TB以上のHDDや、UEFIシステムでパソコンを利用している場合は「GPT」を選択します。

Windows10 利用している環境によってパーティションを選択する
利用している環境によってパーティションを選択する

「不明」という表記が消えて、WindowsがHDDを認識できるようなりました。

Windows10 HDDを認識
WindowsがHDDを認識

HDDをクローンする

空の容量の「WD Blue」に以前ご紹介した、AOMEIの「Backupper」で正常なHDDから内容をクローンします。

AOMEI Backupper 正常なクローン元のHDDを選択
正常なクローン元のHDDを選択

HDDの内容が未割り当て(空)になっている「WD Blue」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。

AOMEI Backupper クローン先に購入した「WD Blue」を選択
クローン先に購入した「WD Blue」を選択

問題がなければクローンが完了するので、「完了」ボタンをクリックします。

AOMEI Backupper クローンが完了
クローンが完了

これで以前と同じ構成になりました。

ベンチマーク

せっかくなので「CrystalDiskMark」でベンチマーク測定してみました。

「WD Blue」CrystalDiskMark
「WD Blue」ベンチマーク

外付け利用なのでそこそこですね。

まとめ

  • 「WD Blue」はウェスタン・デジタル製のHDDで、スタンダードな位置づけのモデル。
  • WDシリーズは現在5種類のブランドがある。
  • CRCエラーが起きた「WD Green」と新しく購入した「WD Blue」を交換し、クローンを実行。

「WD Blue」はスタンダードなモデルで、通常の用途であればオーソドックスに対応します。価格も安価な部類に入るので、初めて内蔵HDDを導入するといった方にもおすすめです。気になった方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

CRCエラーが出たので新しく3TB内蔵ハードディスクの「WD Blue」を買ってみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!