Windows10のCreators Updateで消えたコントロールパネルをショートカットで表示できるようにする

Windows10のCreators Updateで、スタートメニューの項目にあった設定からコントロールパネルが消えてしまいました。以前ご紹介したGodModeであれば、すべての項目を一覧に表示させることができるのですが、コントロールパネルだけサクッと見たい場合があります。

ひょんなことから知ったのですが、Windows10には「GodMode」という設定へすぐにアクセスできる便利な機能があります。 Windo...

というわけで、今回はCreators Updateで消えたコントロールパネルをショートカットで表示できるようにする方法をご紹介いたします。

コントロールパネルのショートカットを表示する

まずはスタートメニューの設定から「個人用設定」を選択します。

「個人用設定」を選択
「個人用設定」を選択

「テーマ」から「デスクトップ アイコンの設定」を選択します。

「テーマ」から「デスクトップ アイコンの設定」を選択
「テーマ」から「デスクトップ アイコンの設定」を選択

「コントロールパネル」にチェックを入れ、「適用」、「OK」の順でクリックします。

「コントロールパネル」にチェックを入れ「適用」「OK」の順でクリック
「コントロールパネル」にチェックを入れ「適用」「OK」の順でクリック

するとデスクトップにコントロールパネルのショートカットアイコンが表示されます。

ショートカットアイコンが表示
ショートカットアイコンが表示

コントロールパネルの表示種類

コントロールパネルのショートカットアイコンをクリックすると、同じみのコントロールパネルが表示されます。

コントロールパネルが表示
コントロールパネルが表示

表示方法の「カテゴリ」を選択すると、カテゴリごとの表示がされます。

カテゴリごとの表示
カテゴリごとの表示

表示方法の「小さいアイコン」を選択すると、項目が多く表示されます。

項目が多く表示される
項目が多く表示される

まとめ

  • スタートメニューの設定から「個人用設定」を選択。
  • 「テーマ」から「デスクトップ アイコンの設定」を選択。
  • 「コントロールパネル」にチェックを入れ、「適用」、「OK」の順でクリック。
  • デスクトップにコントロールパネルのショートカットアイコンが表示される。
  • コントロールパネルは表示方法を変更できる。

Windows10はアップデートでたびたびコントロールパネルの表示方法が変わっていきました。基本はGodModeですべて表示できるようにしておき、アップデートで変わったコントロールパネルの表示方法は、あとでゆっくりと探してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!