Windows10 のタスクビューが便利

Windows10を搭載したマシンを購入して、使用日数が大体一週間くらい経過しました。

Windows10の機能で「タスクビュー」という機能があるのですが、それがとても便利なのでご紹介いたします。

タスクビューの使い方

デフォルトの設定であれば、下部の検索バーの右横に「タスクビュー」のボタンが表示されていると思います。

Windows10 ボタン

こちらをマウスでクリックすると、下記の画像のように起動しているアプリケーションが画面に一覧で表示されます。

Windows10 タスクビュー

表示されているアプリケーションのウィンドウをクリックすると、該当するアプリケーションをアクティブにして使用することができます。

キーボードのショーカットにも対応しており、[Windows]+[Tab]キーでも上記のタスクビューを表示することができます。

タスクビューの操作動画

今回はタスクビューの操作を録画してみたので、作成した動画のリンクを張りました。

タスクビューの操作は大体動画のような感じです。

ロジクールマウスの「アプリケーションスイッチャ」でタスクビューを使用する

私は「LOGICOOL ロジクール エニウェアマウス M905LOGICOOL ロジクール エニウェアマウス」というマウスを使用しているのですが、サポートソフトの「SetPoint」設定でマウスのボタンに「アプリケーションスイッチャ」として「タスクビュー」の機能を割り当てています。

logicool-setpoint

これがものすごい便利で、手元でのアプリケ-ションの切り替えになれると、もう以前には戻れません。もし、ボタンにタスクビュー機能を割り当てられるマウスをお使いであれば、設定することをお勧めします。

まとめ

  • 「タスクビュー」ボタンでアプリケーションを切り替えることができる。
  • 「タスクビュー」はキーボードのショートカットに対応している。
  • マウスのボタンに「タスクビュー」機能を割り当てると、とても便利。

Macでは以前から「エクスポゼ」という名称で同じような機能がありました。Windowsにもあれば便利だなと思っていたので、Windows10でタスクビュー機能が標準で使えるようになり個人的にはとてもうれしいです。

Windows10をお使いの方はタスクビュー機能の活用をおすすめいたします。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Windows10 のタスクビューが便利
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!