ソニーのハイレゾ対応ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンWI-1000Xを買ってみた

ブログ

以前ヘッドホンのMDR-1AM2Bを購入して通勤に利用していたのですが、通勤の場合はヘッドホンの使用はそぐわないと思い、同じソニー製のワイヤレスイヤホンを購入してみました。

WI-1000X

内容物はイヤホン本体、ポーチ、取扱説明書、付け替え用イヤーピースになります。

WI-1000X 内容物
内容物

イヤーピースはサイズ違いのツルっとした感触のハイブリッドイヤーピースと、サラサラとした感触のトリプルコンフォートになります。

WI-1000X イヤーピースはハイブリッドとトリプルコンフォート
イヤーピースはハイブリッドとトリプルコンフォート

イヤホンやケーブルを収納するポーチです。作りは柔らかいので別に固めのケースを購入した方が良いかもしれません。

WI-1000X イヤホンやケーブルを収納するポーチ
イヤホンやケーブルを収納するポーチ

イヤホン本体です。WI-1000Xは首にかけて聴くネックバンドタイプです

WI-1000X ネックバンドタイプ
ネックバンドタイプ

右側には右耳につける目印のRマークが記載されています。

WI-1000X 右側には右耳につける目印のRマークが記載
右側に右耳につける目印のRマークが記載

R側の先にはNC/AMBIENTの点灯ランプとボタンがあり、NC機能のオンオフができるようになっています。

WI-1000X R側の先にNC/AMBIENTの点灯ランプとボタン
R側の先にNC/AMBIENTの点灯ランプとボタン

左側には左耳につける目印のLマークが記載されています。

WI-1000X 左側に左耳につける目印のLマークが記載
左側に左耳につける目印のLマークが記載

左側の先には電源とランプ、音量の大小、一時停止ボタンがついています。

WI-1000X 左側の先には電源とランプ、音量の大小、一時停止ボタン
左側の先には電源とランプ、音量の大小、一時停止ボタン

左右それぞれにイヤホンのコードを納めることができる溝があります。

WI-1000X イヤホンのコードを納める溝がある
イヤホンのコードを納める溝がある

同じソニー製のウォークマンとのワイヤレス接続は良好で、すぐにイヤホン本体を見つけてくれました。

WI-1000X 同じソニー製のウォークマンとのワイヤレス接続は良好
同じソニー製のウォークマンとのワイヤレス接続は良好

ペアリングも問題なくできました。

WI-1000X 問題なくペアリングが成功
問題なくペアリングが成功
仕様
ヘッドホン部(その他)
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約 3.5 時間、充電15分で約 70 分使用
充電方法USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大 10 時間(NC ON時)、最大 13 時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大 10 時間(NC ON時)、最大 12 時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間)最大 17 時間(NC ON時)、最大 100時間(NC OFF時)
周波数特性3 Hz- 40,000 Hz
対応インピーダンス22Ω(1 kHzにて)(有線接続時、POWER ON 時)、24 Ω (1 kHzにて)(有線接続時、POWER OFF 時)
音声入力端子マイクロUSB
Bluetooth
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.4.1
出力Bluetooth標準規格 Power Class 2
最大通信距離見通し距離 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式FHSS
対応BluetoothプロファイルA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデック *2SBC, AAC, LDAC, aptX, aptX HD
対応コンテンツ保護SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP)20Hz – 20,000Hz (44.1kHz Sampling) / 20Hz – 40,000Hz (LDAC 96kHz Sampling, 990kbps)

使ってみた感想

ソニーが開発したLDAC機能によりハイレゾ相当で曲を聴くことができるので、ワイヤレスとは思えないほど音質はよかったです。音漏れに関しては自分が聴きたい音量に設定し、同僚の目の前で聴いているときに確認してもらい、音漏れがないことを確認しました。イヤホンなので常識の範囲内であれば音漏れはないようです。着け心地に関しては首にかける部分のネックバンドが柔らかくなっているので、当たっていても痛みなどはなく、長時間つけていることができます。襟がある服などの場合に装着すると軽さもあり、まったくつけている感じを受けませんでした。バッテリーは一度フル充電しておけば10時間以上は持つので、1時間ほどの通勤程度であれば平日の間は充電しなくても利用できます。

ノイズキャンセルに関しては機能をオンにしているときは静かになったな、といった程度に感じたのですが、オフにすると周りの騒音が猛烈な音量で一気に襲い掛かって来るように感じるので、イヤホンとしてはかなり高水準だと思います。人の声はある程度聴こえるようにしているようで、電車内のアナウンスなどは遠くからスピーカーで鳴っているように聴こえます。

よいことだけでなく、一点だけ不満があり、風の強い日は風切り音がイヤホンから入ってきます。これはノイズキャンセルでも防げないようです。iOSやAndroidにある専用のアプリである程度の調整はできるようですが、完全には無理のようでした。

まとめ

  • LDAC機能によりワイヤレスとは思えないほど音質はよい。
  • 常識の範囲内であれば音漏れはない。
  • 着け心地はネックバンドでも意識するほど気にならない。
  • バッテリーは一時間程度の通勤であれば平日の間は持つ。
  • ノイズキャンセル機能は高水準で人の声はある程度聴こえる。
  • 風の強い日は風切り音が聞こえる。

ヘッドホンの場合通勤だと目立つのと音漏れが怖いのでイヤホンにしてみたのですが、正解だったようです。ネックバンドの着け心地は少し不安でしたが、杞憂に終わりました。ノイズキャンセルもイヤホンとしては十分なのと電車内のアナウンスなどはある程度聴こえるので、個人的にはちょうどいいといった感じです。

まだ使い始めたばかりなので様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
ブログ
ボヘミアンをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
PC ウェブログ

コメント