Tendakの音声を分離できるHDMIセレクターを買ってみた

HDMIで接続するゲーム機などのハードが増えてくると、ディスプレイ側のHDMIの入力端子が足りなくて困ることがあると思います。そんな時、入力を切り替えて出力を一本にするHDMIセレクターがあれば解決です。

今回は音声を分離できる、HDMIセレクターを買ってみたのでご紹介いたします。

開封の儀

包装は横からスライドするタイプのシンプルなものです。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 箱はシンプルな包装
シンプルな包装

包装を取りダンボールを開けると、プラスチックで仕切られている入れ物の中にセレクター本体と部品が入っています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター セレクター本体と部品
セレクター本体と部品

内容物はセレクター本体、リモコン、アダプタ、取扱説明書、Tendak紹介の用紙となっています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 内容物
Tendak 4K x 2K HDMI 5×1セレクター 内容物
スペック概要
映像 4Kx2K@30Hz, 3D (1080p@60Hz), Full HD (1080p@120Hz)
オーディオ制式 LPCM、Dolby True-HD、DTS-HD、Dobly Digital、DTS Digital
音声 SPDIF&L/ R音声を分離しARC(オーディオリターンチャンネル)と3D対応
周波数 32KHz、44.1KHz、48KHz、96KHz、192KHz
対応製品 PS4 / Apple TV / Roku / Fire TV/ Blu-ray players /HD TV/ HDプロジェクト
※HDMIでの接続
入出力端子 HDMI(5入力1出力)、光デジタル出力x1、L/ Rオーディオ出力x1

外見

天板はスベスベした質感です。メーカーと商品名、利用している規格名が記載されています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 天板に商品名などが記載
天板に商品名などが記載

裏はサラサラとしており、滑り止め用のボタンが6つ付いています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 滑り止め用のボタンが付いている
滑り止め用のボタンが付いている

正面は各種ランプを表示します。また、電源、HDMI、出力オーディオを切り替えるボタンが付いています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 各種ランプの表示、切り替えボタンが付いてる
各種ランプの表示、切り替えボタンが付いてる

後ろはHDMIの入出力、音声を出力する端子、電源穴があります。入出力の内訳は、HDMIの入力が5つ、出力が1つ、音声出力は光デジタル出力が1つ、ラインケーブル出力が1つとなっています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター HDMIの入出力、音声を出力する端子、電源穴がある
HDMIの入出力、音声を出力する端子、電源穴がある

このTendakのHDMIセレクターはリモコンでHDMIやオーディオの出力を切り替えることができます。電池はボタン式のものとなっています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター リモコン付、電池はボタン式
リモコン付、電池はボタン式

電源アダプタは小ぶりで軽量です。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 電源アダプタは小ぶりで軽量
電源アダプタは小ぶりで軽量

使用例

セレクターとPS4を接続してみました。PS4からセレクターへHDMIで入力、映像をHDMIで出力、音声は光デジタルで分離して出力してます。画像ではPS4の上にセレクターを乗せています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター セレクターとPS4を接続
セレクターとPS4を接続

見づらいのでHDDケースの上に乗せました。接続は左からHDMI(入力)、HDMI(出力)、光デジタル(出力)、電源となっています。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 接続は左からHDMI(入力)、HDMI(出力)、光デジタル(出力)、電源
接続している端子

接続してPS4とセレクターの電源を入れた状態です。対応するランプが点灯しています。左から電源ランプ、HDMI入力ランプ(1番)、SPDIF(光デジタルで音声分離)ランプ、PASS(HDMI出力)ランプとなります。

Tendak 4K x 2K HDMI 5x1セレクター 対応するランプが点灯
対応するランプが点灯

セレクターを接続してPS4でゲームをプレイしてみましたが、映像の乱れや、音声の遅延などもありませんでした。

今回の接続を図にすると下記のようになります。

Tendak 4K x 2K HDMI PS4との接続
HDMIセレクターを加えたPS4との接続

やっていることは以前ご紹介した記事の延長です。

PS4の音声をサウンドカードの「Sound Blaster Z」経由でPCのスピーカーに出力してみた
以前にPS4の音声をPCのスピーカーで出力する方法をご紹介いたしました。 今回は同じく以前にご紹介した、サウンドカードの「Sound ...

なぜこのセレクターを購入したのか

AV機器の変換系に詳しい方なら、PS4なら音声は直接光デジタルで出力できるのに、「なぜわざわざセレクターで、HDMIから音声を光デジタルで分離して出力するの?」と疑問に感じると思います。

たしかにPS4のみであれば、このセレクターは必要ありません。ではなぜこのセレクターを購入したのかというと、PS4のためというより、今度発売するニンテンドークラシックミニのために購入しました。

ニンテンドークラシックミニは出力端子がHDMIしかなく、音声もHDMIから出力されます。ですがその場合、TVかPCのモニターからそのまま音声を出力するので、かなり音質に難があります。

出力端子がHDMIしかない場合、音質の向上を図るには、HDMIから音声を光デジタル、またはアナログで分離して、スピーカーやサウンドカード、ホームシアターに接続して出力する方法が一般的です。

ただ私の場合、PS4も利用するので、クラシックミニやPS4を利用するたびにケーブルを接続し直すのが面倒なので、音声を光デジタルまたはアナログで分離して出力をまとめることができる、HDMIオーディオ分離セレクターを購入しました。

具体的な接続は、クラシックミニとPS4をHDMIでセレクターの1番と2番に接続し、音声を光デジタルで分離して出力→サウンドカード→アナログ変換器→PCのスピーカーで出力、といったことをしようと思っています。

映像はHDMI一本でセレクターから出力して、ディスプレイに接続します。プレイしたいゲーム機の映像切り替えはセレクターで行います。

「Tendak 4K x 2K HDMI 5×1セレクター」の良い点

今回購入したセレクターのよい点をまとめてみました。

  • HDMIの入力が5つもある。
  • 音声を光、またはアナログで分離できる。
  • 切り替えを本体のボタン、またはリモコンで出来る。

悪い点は今のところはありません。

まとめ

あまり一般的なAV機器ではありませんが、映像をセレクターで切り替えつつ、音声を分離して外部出力したい、といった方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Tendakの音声を分離できるHDMIセレクターを買ってみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!