メモリ不足を解消するためにCrucialのDDR4 デスク用メモリー(16GB x2)を購入してみた

私のデスクトップのメモリは8GB x2で16GBあるのですが、ソフトやブラウザなど多くのツールを同時に起動して作業することが多く、とうとうメモリ不足で実行できない状況が出てきました。そこで、以前から検討していたメモリの増加に踏み切り、Crucialの16GB x2を購入してみました。

Crucial [Micron製] DDR4 デスク用メモリー16GB x2

16GBが2枚のデュアルランクです。

Crucial [Micron製] DDR4 デスク用メモリー 16GB x2のデュアルランク
16GB x2のデュアルランク
製品仕様
ブランド Crucial
フォームファクタ UDIMM
容量 32GBキット(2 x 16GB)
保証 制限付無期限保証
仕様 DDR4 PC4-17000 • CL=15 • Dual Ranked • x8 based • Unbuffered • NON-ECC • DDR4-2133 • 1.2V
シリーズ Crucial
ECC ノンECC
キット数量 2
速度 2133 MT/秒
電圧 1.2V
DIMMタイプ バッファなし

メモリの取り付け

メモリスロットの空きが2つあることを確認します。

メモリスロットの空きが2つある
メモリスロットの空きが2つある

16GB x2のメモリを差し込みます。この時左右のストッパーがメモリの窪みにしっかりとはまるまで押し込みます。

メモリをしっかりと押し込む
メモリをしっかりと押し込む

メモリの設定と確認

メモリを取り付けた後、キーボードのWindowsキー+Pauseでシステムを表示し、メモリが認識され、使用できているかどうかを確認します。下記の画像では48GB中、14.1GB使用可能といったようにメモリを認識してはいますが、追加実装したメモリ分を使用できていません。

メモリを利用できていない
追加実装したメモリを使用できていない

メモリを利用できるように設定する

画面左下の検索バーから「msconfig」と入力し、システム構成に入ります。

「msconfig」と入力し、システム構成に入る
「msconfig」と入力し、システム構成に入る

システム構成から「ブート」の「詳細情報」を選択します。

「ブート」の「詳細情報」を選択
「ブート」の「詳細情報」を選択

「最大メモリ」を搭載しているメモリ容量と同じ値にして、「OK」をクリックします。

「最大メモリ」を搭載しているメモリ容量と同じにする
「最大メモリ」を搭載しているメモリ容量と同じにする

システム構成の「ブート」に戻るので、「適用」、「OK」をクリックします。

「適用」、「OK」をクリック
「適用」、「OK」をクリック

再度キーボードのWindowsキー+Pauseでシステムを表示すると、実装メモリの利用できる値が、認識されているメモリと同等になります。

実装メモリの利用できる値が、認識されているメモリと同等になる
実装メモリの利用できる値が、認識されているメモリと同等になる

これで増加したメモリ容量でPCを利用することができるようになりました。

16GB x2の容量を選択した理由

はじめは16GB x1を購入しようと考えたのですが、もし16GB x1の追加で足りなかった場合、さらに16GB x1を追加すると考えると、1枚が15,168円なので合計で30,336円(Amazonでの価格)となります。購入当時は16GB x2が23,980円でしたので、その差額は6,356円。

16GB x1で足りなかった場合のことを考えると、差額の6,356円がもったいないと感じ、16GB x2を購入しました。逆に16GB x1で十分な場合は、サブマシンに1枚使用するという算段でした。

メモリ増加によるメリットとデメリット

よい機会なので、パっと思いつく限りでメモリ増加によるメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • ソフトをたくさん同時に起動して使用することができる。
  • ソフトの起動やメモリに依存する処理の速度アップが見込める。
  • PCの安定性が増す。

デメリット

  • 消費電力が増加するので電気代が増える。
  • メモリスロットが埋まる。

まとめ

  • メモリはしっかりと押し込む。
  • 「システム」でメモリが認識され、実装した容量で利用できるかどうか確認をする。
  • 実装した容量で利用できない場合は「msconfig」の「システム構成」から利用する最大メモリを設定する。

メモリの増加で、めでたく快適に作業を行うことができるようになりました。基本的にメモリは多いほどよいとされているので、思い切ってメモリを増設するのも手だと思います。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!