噂のVR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレイについて調べてみた

最近、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレイの記事が賑わっています。個人的に少し気になったので、VR(バーチャルリアリティ)のヘッドマウントディスプレイについて調べてみました。

というわけで、今回は「VRヘッドマウントディスプレイ」についてご紹介いたします。

VR(バーチャルリアリティ)とは

まずは、軽くVRについて触れておきます。

VRとは、コンピュータグラフィックスや音響効果を組み合わせて、人工的に現実感を作り出す技術。

引用:VRとは|バーチャルリアリティ|仮想現実 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

簡単に言うと、コンピュータによって仮想現実を作り出すシステムです。

VRヘッドマウントディスプレイとは

「VRヘッドマウントディスプレイ」はVRの世界を作り出すインタフェースで、頭部に装着することで使用します。

「VRヘッドマウントディスプレイ」は「SIE」の「PlayStation®VR(プレイステーション ヴィーアール)」や「Oculus VR」社の「Oculus Rift」が知られていると思います。

何ができるのか

映像を楽しむAV用途やゲーム用途、照準器、敵味方の位置のような情報表示の軍用としての用途、部屋や工場などの空間のデザインや設計の検討用、テーマパークでのアミューズメント用途など、できることは多岐に渡ります。

PlayStation®VRコンセプト映像

Skyrim on Oculus Rift

価格と発売日

「Oculus Rift」と「PlayStation VR」の価格は下記のようになっています。

価格
Oculus VR
米国 599ドル(税別、送料別)
日本 税、送料込みで9万4600円
PlayStation®VR
日本 44,980円(税抜)

価格は「PlayStation VR」が一歩リードといったところでしょうか。

発売日
PlayStation®VR 2016年10月
Oculus Rift 2016年3月28日

だいぶ前からHMDは存在している

実は「PlayStation®VR」や「Oculus Rift」の以前、だいぶ前からHMD(ヘッドマウントディスプレイ)は存在しています。

それが下記画像の「ダイノバイザー」です。

ダイノバイザー
ダイノバイザー

この「ダイノバイザー」はタカラから出ており、使用方法はダイノ本体と中継機を接続、中継機から赤白黄のRCAケーブルでTVやゲーム機とつなぎます。映像はヘッドマウントのディスプレイから、音声は内蔵している両側のヘッドホンから出力されます。

ダイノバイザー 内部
ダイノバイザー 内部
ダイノバイザー 中継器
ダイノバイザー 中継器

気になるお値段は下記のようになります。

ダイノバイザー 価格
ダイノバイザー 価格

定価が38,800円で、特別割引で34,980円で購入していたようです。奇しくも去年値下げした「PlayStation 4」と同じ値段ですね。

このダイノバイザーは当時、PlayStationが1~2の時に使っていたような記憶があります。結構迫力があったのでよく使用していました。

名称だけ聞くと戦隊モノのマスクみたいですよね。ダイノバイザーは知る人ぞ知る製品です。

まとめ

  • VR(バーチャルリアリティ)とはコンピュータによって仮想現実を作り出すシステム。
  • 「VRヘッドマウントディスプレイ」は「SIE」の「PlayStation®VR」や「Oculus VR」社の「Oculus Rift」などがある。
  • 価格はそこそこする。
  • 実はだいぶ前からHMD自体は存在し、発売されている。

。VRシステムを利用したHMDはゲームやAV(オーディオビジュアル)、軍用など幅広く利用されています。今年の上期にはゲーム用に本格的なHMDが発売されます。

VRHMDが流行るか否かは、個人的にはアダルト産業がカギを握っていると思っています。昔の家庭用ビデオデッキがそうでしたので。

比較的安価な「PlayStation VR」からVRを体感してもいいかもしれません。

みなさんはVRHMDを購入する予定はありますでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

噂のVR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレイについて調べてみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!