アフィリエイトサービスプロバイダなら「もしもアフィリエイト」をおすすめしたい

私はいくつかのアフィリエイトサービスプロバイダ(以下ASP)を利用しているのですが、その中でも「もしもアフィリエイト」はかなりお得なASPだと思って利用しています。

「もしもアフィリエイト」には他のASPにはない報酬制度や、広告を探す際に便利なシステムがあります。

というわけで、今回は「もしもアフィリエイト」をご紹介いたします。

「もしもアフィリエイト」とは

もしもアフィリエイト - がんばる個人のためのアフィリエイト 初心者にも

もしもアフィリエイト – がんばる個人のためのアフィリエイト 初心者にも

「もしもアフィリエイト」は株式会社もしもが運営するサービスで、業界初のW報酬により報酬率を高くしたり、初心者でも成果を上げられるようなシステムがあるASPです。また、振込が発生する成果金額が1,000円からと受け取りやすいのも特徴です。

なぜ「もしもアフィリエイト」なのか

「W報酬」がすごい

「もしもアフィリエイト」には「W報酬」という制度があり、広告主からもらえる通常報酬に加えて、もしもからもボーナスとして報酬がもらえます。ボーナス率は通常報酬からの10%となります。

例として通常報酬額が10,000円とすると、1,000円分がW報酬のボーナスとなり、合計11,000円が振り込まれます。

「カエレバ・ヨメレバ」が対応している

以前紹介したブログパーツの「カエレバ・ヨメレバ」が「もしもアフィリエイト」に対応しているのが大きいです。

ブロガーの間でアフィリエイトを簡単にする噂のブログパーツ、「カエレバ」と「ヨメレバ」を使ってみたのでご紹介いたします。 「カエレバ...

Amazonと楽天のアフィリエイトを利用しているならば、「もしもアフィリエイト」を「カエレバ・ヨメレバ」に登録して、Amazonと楽天の商品を「カエレバ・ヨメレバ」を利用してまとめて紹介すると、振込が発生する成果金額のハードルを下げることが出来る上に、報酬もまとめることができます。

Amazonは振込が発生する成果金額が5,000円以上で、振込手数料が300円かかります。楽天は現金を報酬として受け取る場合、楽天銀行の口座を開設する必要があります。報酬を受けとるにはハードルが高く、そして面倒です。

「もしもアフィリエイト」であれば振り込まれる際の手数料は無料ですし、報酬をまとめることができます。ここで、「W報酬」制度と振込が発生する成果金額が1,000円からと受け取りやすい、「もしもアフィリエイト」の特徴が生きてきます。

「もしもアフィリエイト」を利用するまでは一度もAmazonと楽天から報酬が振り込まれたことはありませんでしたが、「もしもアフィリエイト」と「カエレバ・ヨメレバ」を利用してからは報酬が振り込まれるようになりました。

Amazonと楽天のアフィリエイトを行う場合は、「もしもアフィリエイト」と「カエレバ・ヨメレバ」をセットで利用しない手はありません。

管理画面が使いやすい

管理画面を使用する際、ASPでありがちな重さがありません。広告の検索もサクサクできます。管理画面のわかりやすい位置に検索するフィールドがあるので、とりあえず広告を検索したいといった場合には便利です。

もしもアフィリエイト 気軽に広告を検索
気軽に広告を検索

管理画面に入った時に「クイックレポート」で、操作などをすることなく、すぐに当月の成果や振込の予定金額を確認することができます。

もしもアフィリエイト 「クイックレポート」で当月の成果や振込の予定金額を確認
「クイックレポート」で当月の成果や振込の予定金額を確認

サイトに合う広告を自動でマッチングしてくれる

「もしもアフィリエイト」がサイトに合う広告を提案してくれます。

もしもアフィリエイト サイトに合う広告を提案
サイトに合う広告を提案してくれる

広告の提案だけなら他のASPでもありますが、「もしもアフィリエイト」はGoogleの検索結果から広告を自動で提案して表示してくれます。

もしもアフィリエイト Googleの検索結果から広告を自動で提案
Googleの検索結果から自動で広告提案

Googleで自分が運営しているサイトがどういったキーワードで上位表示されているのかわかるので、採用する広告を決定しやすいと言えます。

「もしもアフィリエイト」のメリット・デメリット

どんなよいサービスにもメリットだけでなく、デメリットも存在します。下記に「もしもアフィリエイト」を利用する際のメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 報酬が増える「W報酬」制度がある。
  • 「カエレバ・ヨメレバ」が対応している。
  • 報酬を受け取る際の振り込み手数料が無料。
  • 振込が発生する成果金額が1,000円からと受け取りやすい。
  • Amazon(24時間)、楽天(30日)とCookieの有効期間が本家と同じ。
  • サイトに合う広告を自動でマッチングしてくれる。

「W報酬」と「カエレバ・ヨメレバ」が対応していることが最大のメリットでしょうか。

デメリット

  • 報酬の支払いが翌々月末と遅い(月の最後が31日であれば31日に振り込まれる)。
  • 広告主数が他ASPと比べると少ない。

デメリットは報酬の支払いが遅いことと、広告主数が他ASPと比べると少ないですが、それは他のASPを利用することでカバーできます。

まとめ

  • 通常報酬から10%が加算される「W報酬」がすごい。
  • Amazonや楽天のアフィリエイトを利用している場合、「もしもアフィリエイト」と「カエレバ・ヨメレバ」をセットで利用すると良い。
  • Googleの検索結果から広告を自動で提案してくれるので、採用する広告を決定しやすい。

もしもにしかない広告もありますし、なんといっても「W報酬」制度があるので、「もしもアフィリエイト」はおすすめできるASPです。

「もしもアフィリエイト」を利用する際、デメリットがどうしても気になるのであれば、他ASPと併用すると弱点がカバーできて良いと思います。

Amazonや楽天のアフィリエイトを利用しているのであれば、「もしもアフィリエイト」と「カエレバ・ヨメレバ」をセットで利用することを強くおすすめます。

Amazonや楽天の報酬がなかなか受け取れないといった方、報酬アップを計りたいといった方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!