ランチャーソフトのLaunchyを使ってみた

Launchy: The Open Source Keystroke Launcher

以前ランチャーソフトのbluewindをご紹介いたしました。

photo credit: ▓▒░ TORLEY ░▒▓ via photopin cc 今回はランチャーソフト bluewindをご紹介...

とある事情でWindowsを初期化することになり、各種ツールを再インストールしていたのですが、bluewindの呼び出しキーを変更することができず、手軽に使用することができなくなりました。

よい機会だと思い、以前から気になっていたLaunchyというランチャーソフトを使ってみることにしました。

ダウンロード

下記のダウンロードページに行き、対応するOSを選択してファイルをダウンロードします。

Launchy: The Open Source Keystroke Launcher

Launchy: The Open Source Keystroke Launcher

LaunchyはWindows10、7、XP、Mac OS X、Linuxに対応しています。

使い方

Launchyを起動

ダウンロードしたファイルをインストールすると、Alt+Sapceキーで起動することができます。

Launchy Alt+Spaceキーで起動
Alt+Spaceキーで起動

起動キーの変更

起動キーを変更したい場合は右クリックで表示される「オプション」から行っていきます。

Launchy 起動キーは「オプション」から変更する
起動キーは「オプション」から変更する

「全般」タブの「Hotkey」で変更することができます。

Launchy 「全般」タブの「Hotkey」で変更することができる
「全般」タブの「Hotkey」で変更することができる

ソフトを起動

ソフトがスタートメニューに登録されている場合、Launchyをインストールした時点でソフトの頭文字を入力してEnterキーを押すと、起動することができます。

Launchy ソフトの頭文字を入力してEnterキーで起動
ソフトの頭文字を入力してEnterキーで起動

スタートメニューに登録する

インストールするタイプのソフトはスタートメニューに自動で登録されるので問題ないのですが、インストールせずにその場で使うソフトの場合は手動で登録する必要があります。登録方法はWindows10の場合になりますが、ソフトを起動する実体ファイル上で右クリックを行い、「スタート画面にピン留めする」を選択します。

Launchy 「スタート画面にピン留めする」を選択
「スタート画面にピン留めする」を選択

スタートメニューに手動で登録すると、ソフトの頭文字を入力してからのEnterキーで通常通り起動します。

Launchy 手動で登録したソフトを通常通り起動
手動で登録したソフトを通常通り起動

スキンの選択

Launchyはスキンを変更することができます。「スキン」タブから選択して変更します。

Launchy 「スキン」タブから選択して変更
「スキン」タブから選択して変更

スキンの種類

Launchy Default
Default
Launchy Black Glass
Black Glass
Launchy Mercury
Mercury
Launchy Note
Note
Launchy QuickSilver2
QuickSilver2
Launchy Spotlight Wide
Spotlight Wide

まとめ

  • LaunchyはWindows10、7、XP、Mac OS X、Linuxに対応している。
  • スターメニューに登録しているソフトはインストールした時点で起動できる。
  • スターメニューにないソフトは手動で登録して起動する。
  • スキンは選択して変更することができる。

bluewindを手軽に使えなくなった時はどうなるかと思いましたが、Launchyをうまく使用することができてほっとした感じです。Launchyを使用していて、ほんの少しだけbluewindより重さを感じましたが、登録する手間が省けるのでかなり便利です。

使い始めてすぐ気に入ってしまったので、ランチャーソフトを探している方にはおすすめのソフトです。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!