「IIJmioひかり」に乗り換えて2ヶ月経ったので感想などを書いてみた

光回線インターネットサービスのIIJmioひかり

以前、フレッツ光を転用した「IIJmioひかり」をご紹介いたしました。

以前にIIJが提供する「IIJmio」というサービスをご紹介いたしました。 そのIIJが2015年3月2日より「IIJmioひかり」と...

その「IIJmioひかり」に乗り換えて2ヶ月経ったので、感想などを書いてみました。

ネット料金が安くなった

過去3ヵ月の請求明細は以下のようになります。

IIJmioひかり 最大過去3ヵ月分の請求明細

2月分はまだ「IIJmioひかり」を申し込む前なので、「IIJmio」単体の明細になります。

3月分は「IIJmioひかり」の料金が入って来ましたが、まだ日割りなのでこの時点では正式な料金ではありません。その割に料金が高いのは、諸事情でSIMカードのサイズを変更したことに起因します。ちなみにサイズ変更の手数料は現在2,000円となっています。

そして4月分、キャンペーンなどが適用されていますが、事実上、この4月分が現在の私の「IIJmioひかり」の料金となります。

4月分の内訳

月額基本料(ファミリータイプ) 4,960円
春のキャンペーン -300円
初期費用 1,800円
初期費用無料キャンペーン -1,800円
機器レンタル料 135円
mio割引プラン減額 -600円
小計金額 5,097円
消費税 407円
請求金額 5,504円

初期費用は「初期費用無料キャンペーン」で相殺されています。-300円は「春キャンペーン」の適用により12ヶ月間、SIMの割引がされる金額です。

「mio割引プラン減額」は「IIJmio」を利用している場合に「IIJmioひかり」を契約していると、ずっと割引される金額です。

機器レンタル料など、なんやかんやありますが、消費税込みで月の請求額は5,504円となります。

以前の料金

以前契約していた、プロバイダとNTT東日本の料金は下記のようになります。

ODN(プロバイダ)

料金名 金額(円)
プロバイダ回線料金 1,296

NTT東日本(フレッツ光)

料金内訳名 金額(円)
フレッツ光利用料(N・ギガファミリ) 5,700
にねん割 割引料 -700
光ポータブル機器使用料 300
Wi-Fiクレードル機器使用料 200
フレッツ・スポット付加利用料 200
ひかり電話(基本料) 500
ユニバーサルサービス料 2
消費税相当額 496
(内訳)消費税相当額(合算分) (496)
合計 6,698

料金比較

以前の料金
ODN(プロバイダ) フレッツ光ネクスト ギガタイプ 合計
1,296円 6,698円 7,994円
乗り換え後の料金
IIJmioひかり(ファミリータイプ) 合計
5,504円

NTT東日本の時はオプションを利用していましたが、それでも「IIJmioひかり」に乗り換えて2,490円ほど安くなりました。

「IIJmioひかり」はプロバイダ料金込みであることや、「IIJmio」の利用者に適用される、「mio割り」が大きいのだと思います。

回線速度は前のプロバイダとほぼ同じ

前のプロバイダと速度差を比較した記事をご紹介いたしました。

以前、フレッツ光を転用した「IIJmioひかり」を申し込みました。 「IIJmioひかり」が開通したので、速度を測ってみました。 プ...

再度測り直したのですが、速度は現在もほぼ変わっていなかったので、以前と同じ表を下記に掲載します。

速度比較表

下り 測定サイト 朝(7時頃) 昼(12時頃) 夜(21時頃)
ODN
(旧プロバイダ)
USEN 21.876 19.475 11.794
BNR 28.34 21.62 14.74
speedtest.net 234.21 385.45 25.43
IIJmioひかり
(現プロバイダ)
USEN 36.15 24.834 7.105
BNR 129.34 79.01 14.60
speedtest.net 217.63 294.32 29.91

※単位は全てMbps

以前のプロバイダと比較しても使用感は何も変わらない感じです。

まとめ

  • ネット料金が安くなった。
  • 以前のプロバイダと使用感は特に変わらない。

2ヶ月間「IIJmioひかり」を利用した感想としては、予想通り通信料を安くできたこと、今現在利用することに不満は特にないので、乗り換えて正解だったと感じています。

「IIJmio」を利用しているので「mio割り」も適用されますし、とても満足しています。

みなさんはどういったプロバイダと契約していますでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!