2段階認証を「Google Authenticator」から「IIJ SmartKey」へ移行してみた

IIJ SmartKey|スライド認証・ワンタイムパスワード管理

2段階認証のアプリは「Google Authenticator」を使用していたのですが、便利と評判の「IIJ SmartKey」へ移行してみたのでご紹介いたします。

「IIJ SmartKey」とは

IIJ SmartKey|スライド認証・ワンタイムパスワード管理

IIJ SmartKey|スライド認証・ワンタイムパスワード管理

「IIJ SmartKey」は株式会社インターネットイニシアティブ(略称でIIJ)作の2段階認証アプリで、アプリ自体にパスワードを掛けてロックをしたり、スライドで認証する「スライド認証」などの機能があります。OSはiOSとAndroidに対応しています。

動作確認済みサービス(ワンタイムパスワード認証)と仕様

現時点で下記のサービスの2段階認証で動作確認がされています。

  • Amazon Web Services(AWS Multi-Factor Authentication)
  • Dropbox
  • Evernote
  • Facebook
  • GitHub
  • Googleアカウント
  • Google Apps for Work
  • IIJ Omnibusサービス
  • IIJセキュアMXサービス
  • Microsoftアカウント
  • Slack
  • WordPress.com
仕様
アプリケーション名 IIJ SmartKey
対応OS iPhone(iOS 8.1以降)、Android(4.0以降)
対応認証方式 ワンタイムパスワード認証(TOTP(RFC 6238) に対応)、スライド認証
TOTP対応桁数 6桁、8桁
TOTP対応更新間隔 10秒~86400秒
シークレットキー登録 QRコード自動認識、直接入力、自動インストール
アプリケーションロック パスコード認証、Touch ID認証(iOSのみ)
クリップボードコピー ワンタイムパスワードをクリップボードにコピー
設定エクスポート QRコードによるサービス登録情報の出力機能
多言語対応 日本語、英語
価格 無料

「IIJ SmartKey」をインストール

App StoreやGoogle playで「iij smartkey」と入力すると、一覧で「IIJ Smartkey」のアイコンが表示されるので選択して詳細ページに行き、インストールします。

で「iij smartkey」と入力
App Storeで「iij smartkey」と入力
Google playで「iij smartkey」と入力
Google playで「iij smartkey」と入力

登録と設定

デバイス登録

端末にインストールした後、デバイスの登録をします。アプリを起動し、左下にあるタップアイコンを選択します。

IIJ SmartKey 左下にあるアイコンを選択
左下にあるアイコンを選択

「OK」を選択します。

IIJ SmartKey 「OK」を選択
「OK」を選択

「新規登録」を選択します。

IIJ SmartKey 「新規登録」を選択
「新規登録」を選択

SMSで確認コードを送るので、使用している端末の電話番号を入力します。

IIJ SmartKey 電話番号を入力
電話番号を入力

送られてくるコードを入力します。

IIJ SmartKey 送られてくるコードを入力
送られてくるコードを入力

機種変更などの際に再設定するパスワードを入力します。

IIJ SmartKey 再設定時のパスワードを入力
再設定時のパスワードを入力

確認のため再度同じパスワードを入力します。

IIJ SmartKey 確認のため再度同じパスワードを入力
確認のため再度同じパスワードを入力

以上でデバイス登録は完了です。

パスコードの設定

アプリ自体の起動時にパスワードを入力するようにしてセキュリティを高めます。右上にある設定アイコンを選択します。

IIJ SmartKey 設定アイコンを選択
設定アイコンを選択

パスコードをオンにします。

IIJ SmartKey パスコードをオンにする
パスコードをオンにする

パスコードの入力は確認も含めて2回入力すると完了です。

IIJ SmartKey パスコードを入力する
パスコードを入力する

パスコードの入力が完了すると、次回の起動時から入力したパスコードを求められるので、端末を落とした場合などでも保険を掛けることができます。

「Google Authenticator」から「IIJ SmartKey」へ移行

「IIJ SmartKey」は別端末へ移行することもできますが、今回は同じ端末で移行を行ったので、同端末上での移行方法をご紹介をいたします。

「Google Authenticator」がインストールされている端末に「IIJ SmartKey」をインストールした後、各サービスの管理画面で2段階認証用のQRコードを表示し、「IIJ SmartKey」にQRコードを読み込ませます。

Googleの場合は、「アカウント情報」でQRコードを再生成して「IIJ SmartKey」に登録します。アカウント情報に遷移した後、「ログインとセキュリティ」を選択します。

Google2段階認証 「ログインとセキュリティ」を選択
「ログインとセキュリティ」を選択

「2段階認証プロセス」を選択します。

Google2段階認証 「2段階認証プロセス」を選択
「2段階認証プロセス」を選択

一覧から編集する認証システムを選択します。

Google2段階認証 認証システムを選択
認証システムを選択

「スマートフォンを変更」を選択します。

Google2段階認証 「スマートフォンを変更」を選択
「スマートフォンを変更」を選択

利用しているスマホを選択して「次へ」をクリックします。

Google2段階認証 利用しているスマホを選択して「次へ」をクリック
利用しているスマホを選択して「次へ」をクリック

QRコードが表示されるので、「IIJ SmartKey」を起動します。

Google2段階認証
QRコードが表示される

「IIJ SmartKey」を起動し、左上にある追加アイコンを選択します。

IIJ SmartKey 追加アイコンを選択
追加アイコンを選択

カメラが起動するので、先ほど表示したQRコードを読み込み、サービス名とアカウントを確認した後「登録」を選択します。

IIJ SmartKey 「登録」を選択
「登録」を選択

鍵アイコンの下にコードが表示されるので、控えて置きます。

「登録」を選択
コードが表示されるので控えて置く

GoogleのQRコードの画面に戻り、「次へ」を選択します。

Google2段階認証 「次へ」を選択
「次へ」を選択

コードを入力する画面に遷移するので、先ほど控えて置いたコードを入力して「確認」を選択します。

Google2段階認証 コードを入力して「確認」を選択
コードを入力して「確認」を選択

以上でGoogleの2段階認証の「IIJ SmartKey」への移行は完了です。

「IIJ SmartKey」の便利なところ

設定をエクスポートできる

登録しているサービス名で「エクスポート」を選択するとQRコードが表示されるので、表示されたQRコードを他の端末にインストールした「IIJ Smartkey」で読み込ませ、設定を引き継がせることができます。

「エクスポート」を選択
QRコードが表示される

端末を紛失してもすぐに使用できる

端末を複数台持っている場合、あらかじめ「IIJ SmartKey」をインストールして置き、メインで使用している端末からエクスポートしてサブの端末に読み込んでおけば、メイン端末を紛失してしまった場合でも直ぐに利用できます。

複数の端末にインストールすることが不安でも、「IIJ SmartKey」自体にパスコードを設定しておけば、ロックを掛けることができるので安心です。

まとめ

  • 「IIJ SmartKey」は株式会社インターネットイニシアティブが作っている2段階認証アプリ。
  • iOSとAndroidに対応している。
  • 2段階認証の移行方法はQRコードの読み込みが簡単。
  • エクスポートで他の端末に認証設定を引き継がせることができる。

端末を変更する場合、スムーズに認証設定を引き継がせることができるので「IIJ SmartKey」はおすすめのアプリです。「IIJ SmartKey」が気になった方は、一度お試しあれ。

IIJ SmartKey
IIJ SmartKey
無料
posted with アプリーチ
スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!