横並のシンプルデスクとディスプレイを2枚買ってトリプルディスプレイにしてみた

ブログ

以前から作業環境を現在あるディスプレイから2つディスプレイを追加してトリプルディスプレイにしてみたいと思っていたのですが、ついに実現することができました。

サンワダイレクト シンプルワークデスク 幅180cm×奥行き60cm 組立簡単 モニターアーム取付対応 パソコンデスク パソコン台 ダークブラウン 100-DESKF007BR

トリプルディスプレイにするには横幅があるデスクが必要だと考えて、サンワの幅180cm×奥行き60cmがあるシンプルワークデスクを選択しました。お値段も手ごろだったのでそれほど迷わずに購入できました。

スペック
サイズ約W1800×D600×H700mm
重量約21.3kg
カラーブラウン
材質天板/木製(メラミン化粧板)、フレーム/スチール(エポキシ樹脂紛体塗装)

マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XUB2493HS-B3(23.8型/フルHD/昇降/スウィーベル/広視野角/IPS/ノングレア/HDMI,D-Sub,DP) マーベルブラック

自分が望んでいたディスプレイは下記のようなもので、ディスプレイの選択は難航しました。

  • 2枚買うので価格は2.5万円以下
  • 4Kディスプレイと縦を合わせたいので可動範囲が広いもの
  • 目が疲れないようにブルーライトを低減する機能がある
  • 様々な機器を接続すること考慮してHDMI、DisplayPort、アナログRGBと3つの入力に対応している
  • 外部スピーカーが壊れたときの保険として、スピーカーが内蔵されている
  • ちょうどいいと言われるサイズの23.8型のフルHD
  • スリムベゼル
  • 複数ディスプレイを設置するので広視野角なIPS
  • 他の製品と合わせたいのでカラーはブラック

いろいろ調べた結果、iiyamaのXUB2493HS-B3が該当しました。

スペック
液晶IPS方式パネル ノングレア液晶
アナログ走査周波数水平:30~80kHz 垂直:55~75Hz
デジタル走査周波数水平:30~84kHz 垂直:55~75Hz
信号入力コネクタ【アナログ】 D-Subミニ15ピンコネクタ×1【デジタル】DisplayPortコネクタ×1 / HDMIコネクタ×1
多機能スタンド
  • 昇降幅 130mm
  • スウィーベル(横回転)左右各45°
  • ピボット(縦回転)右回り左回り各90°
  • チルト(角度調節範囲)上方向22° 下方向5°
スピーカー2W × 2
外形寸法(幅 × 高 × 奥行)539.5 × 373.0 ~ 503.0 × 210.0 mm
重量
  • スピーカー、スタンド含む 4.8kg
  • 本体 (スタンド含まず)2.8kg

机を組み立てて3つディスプレイを設置

横長のシンプルデスクを組み立てて、元からある4Kと今回買った2枚のディスプレイを設置しました。さすがにデスクの横幅が180cmもあると、特に問題なくディスプレイを3つ設置することができました。

ディスプレイを3つ設置
ディスプレイを3つ設置

余談ですがディスプレイを3つPCと接続した際に、真ん中のディスプレイから左右にブラウザなどをきちんと移動させるようにあたり、ディスプレイの設定でメインのディスプレイを1、右側に設置しているディスプレイを2、左側に設置しているディスプレイ3と設定しました。

トリプルディスプレイの設定
トリプルディスプレイの設定

使ってみた感想

サンワのデスクはしっかりしていて、ディスプレイを3つ設置してキーボードを激しく使っても一切ガタつくことがなく、安定しています。ディスプレイは広視野角でIPS、ノングレアなだけあり、角度を変えても色味などが変わることなく、見ていて疲れがあまり生じません。また、ベゼルの幅が約3mmのスリムベゼル(非表示領域と合わせると約6.5mm)なので省スペースでよいです。

まとめ

  • デスクはディスプレイを3つ設置してキーボードを激しく叩いてもガタつかない。
  • ディスプレイは広視野角でIPS、ノングレアなだけあり、角度を変えても色味などが変わることなく、見ていて疲れない。

仕事がテレワークに完全シフトしたので、作業環境を思い切って変えてみました。デスクもそうですが、ディスプレイも新調を検討している方におすすめできる製品です。

スポンサーリンク
ブログ
ボヘミアンをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
PC ウェブログ

コメント