記事を書くのが楽になるWordPressプラグイン「TinyMCE テンプレート」

TinyMCE Templates — WordPress プラグイン

今回はWordPressで記事を書くのが楽になる、「TinyMCE テンプレート」をご紹介いたします。

「TinyMCE テンプレート」とは

TinyMCE テンプレート ダウンロードページ

WordPress › TinyMCE Templates « WordPress Plugins

「TinyMCE テンプレート」は記事で決まったテンプレートを作成し、保存した「テンプレ-ト」をエディタに挿入させることができるプラグインです。

使い方

TinyMCE テンプレートをダウンロードした後、メニューの「テンプレート」から「新規追加」を選択します。

TinyMCE テンプレート 「テンプレート」から「新規追加」を選択

下記の画像の手順で作成していきます。

TinyMCE テンプレート 手順に沿って作成

  1. テンプレート名を入力。
  2. テンプレートを記述。

テンプレートを記述した後、右側にある「更新」ボタンを押下します。

TinyMCE テンプレート 更新ボタンを押下

テンプレートを保存した後、記事を新規作成しようとすると、「テンプレートを挿入」というボタンが表示されているので押下します。

TinyMCE テンプレート「テンプレートを挿入」ボタンを押下

オーバーレイ表示でテンプレートを挿入するウィンドウが表示されるので、下記の画像の手順でテンプレートを挿入します。

TinyMCE テンプレート テンプレートを挿入するウィンドウが表示

  1. 挿入するテンプレート名を選択する。
  2. 表示されるテンプレートを確認する。
  3. 「テンプレートを挿入」ボタンを押下。

テンプレートが挿入されました。

TinyMCE テンプレート 手順に沿ってテンプレートを挿入

まとめ

  • 「TinyMCE テンプレート」をダウンロード。
  • メニューの「テンプレート」から「新規追加」を選択。
  • テンプレート名を入力、テンプレートを記述し、「更新」ボタンを押下。
  • 「テンプレートを挿入」というボタンを押下し、テンプレートを挿入。

「TinyMCE テンプレート」は記事を書く時に決まった形式がある場合は、ボタンで挿入することができるので、何度も同じ内容を手入力で記述する作業から解放してくれます。

この記事も「TinyMCE テンプレート」でテンプレートを挿入して書いています。テンプレートをボタンで挿入できるようになり、記事の作成が楽になりました。

「TinyMCE テンプレート」は気軽に記事を作成できるようになるのでおすすめです。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!