Webプッシュ通知ができる「pushnate」がおもしろそう

ここ最近プッシュ通知のサービスが噂になっているので、調べたところ、「pushnate」というサービスを見つけました。

というわけで、今回は「pushnate」をご紹介いたします。

「pushnate」とは

pushnate トップページ

Pushnate(プッシュネイト)- Webプッシュ通知配信サービス

「pushnate」はAndroidやGoogle Chromeブラウザ(ver42以上)で使える、スマホやPCのWebサイトなどでWebプッシュ通知ができるサービスで、利用は無料です。

特別なアプリなどをインストールする必要がなく、AndroidやGoogle Chrome(ver42以上)ブラウザであればそのまま使用できます。

導入方法

導入方法は下記の「pushnate」のページで確認することができます。

Pushnate導入ガイド:独自ドメインでのWebプッシュ通知を配信する

注意点としては、「pushnate」は独自ドメインのWebサイトの場合、プッシュ許可を取るページはhttps環境である必要があります。

ただ、非SSLでも一応プッシュ通知はできるようです。

Pushnate導入ガイド:非https環境だけど、とりあえずWebプッシュを配信してみたい

上記の場合、通知ウィンドウ内に表示されるドメインは「pushnate.com」になるようです。

「pushnate」の仕様など

料金 現在はすべて無料。
動作環境 Android、Google Chromeブラウザ(ver42以上)。
通知配信数 月間5万通まで。
配信方法 日時指定、定期に毎日、毎週の配信ができる。
ドメイン環境 独自ドメインでの配信はSSLである必要がある。非SSLの場合は「pushnate.com」となる。

Webプッシュ通知の利用

Webプッシュ通知ができると、ブログサイトであれば記事の更新や、新規投稿の際にリアルタイムでプッシュ通知を許諾したユーザーにお知らせをすることができます。

ECサイトであれば新商品のお知らせや、在庫が切れた商品の入荷案内などに利用することより、商品の購買率の上昇が期待できます。

Webプッシュ通知を使用しているサイト例としては、下記のようなサイトがあります。

FF14俺tools:ギャザラータイマー

FF14俺tools:ギャザラータイマー

FF14俺tools:ギャザラータイマー

上記のサイトはゲーム内でアイテムが入手することができる時間を計測し、Webプッシュ通知を許諾したユーザーに対して、アイテムが入手できる時間になった瞬間にポップアップやアラート音でデスクトップ通知を行います。

デスクトップでは下記の動画のようにWebプッシュ通知がされます。

Webプッシュ通知

まとめ

  • AndroidやGoogle Chromeブラウザ(ver42以上)で使える。
  • 利用は無料。
  • 独自ドメインでの通知はSSLである必要がある。
  • 非SSLでも使用できるが、表示されるドメインは「pushnate.com」となる。

Webプッシュ通知は音やポップアップで通知されるので、画面上で作業しているのであれば、通知を見逃すことはほぼありません。

「pushnate」は無料で使用できるので、試しに使用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Webプッシュ通知ができる「pushnate」がおもしろそう
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!