PS4をPCでリモートプレイしてみた

PlayStation4システムソフトウェア バージョン3.50

PlayStation4がシステムソフトウェア バージョン3.50で、PCでのリモートプレイができるようになったのでご紹介いたします。

PS4のリモートプレイ

以前からPS4のリモートプレイは、PlayStation Vita、PlayStation Vita TVやXperiaでPS4のゲームを遠隔操作できました。

今回のシステムソフトウェア バージョン3.50で対応デバイスにPCが加わり、PCでPS4のゲームをプレイできるようになりました。

PCの対応OSはWindows 8.1、Windows 10以降、Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11となります。

リモートプレイまでの流れ

まず、同じローカルエリアネットワーク(LAN)内にPS4とPCをWi-Fiなどで接続しておきます。

システムソフトウェア バージョン3.50にアップデートした後、PCにPS4リモートプレイアプリをインストールして、リモート接続用のソフトウェアとPS4の機器登録を行ないます。

以上が全体の流れです。下記にPS4側、PC側でリモートプレイを行うまでの手順を、順を追って記載いたしました。

PS4側

システムソフトウェアをバージョン3.50にアップデートする

PS4のホーム画面から「お知らせ」に行きます。

「ダウンロード」からバージョン3.50をダウンロードします。

ダウンロードした後「次へ」ボタンを押下。

しばらく待ちます。

「アップデート」ボタンを押下します。

バージョン3.50がインストールされました。

ホーム画面から「設定」に行き、「リモートプレイ接続設定」から機器(PC)を登録します。

機器登録用の数字が表示されるので、この数字を後ほどPC側のアプリに入力します。

PC側

リモートプレイをダウンロードする

PCに対応するOSのPS4リモートプレイをダウンロードします。

PS4リモートプレイ Windows PC / Mac

「次へ」ボタンを押下し、リモートプレイをインストールしていきます。

使用許諾契約が表示されるので、許諾します。

  1. 「同意」にチェック。
  2. 「次へ」ボタンを押下。

インストール先フォルダを指定します。

  1. インストール先フォルダを指定。
  2. 「次へ」ボタンを押下。

「インストール」ボタンを押下します。

インストールを待ちます。

インストールが完了するので、「完了」ボタンを押下します。

リモートプレイの設定をする

デスクトップに「PS4リモートプレイ」のショートカットが作成されているはずなので、ショートカットアイコンを押下してアプリを起動します。

次に「設定」ボタンを押下して、リモートプレイの設定を行っていきます。

以下のような設定ができます。

  1. 「設定タブ」を押下。
  2. PS4と接続を行うための「サインイン」。
  3. 解像度(360p、540p、720p)の選択。
  4. フレームレート(30フレームまたは60フレーム)の選択。
  5. 設定が反映する場合、「OK」ボタンを押下する。

お好みで設定をした後、「サインイン」ボタンを押下し、PCをPlayStationネットワークに接続します。

サインインにはSEN(Sony Entertainment Network)のアカウントが必要です。

  1. Eメールを入力。
  2. パスワードを入力。
  3. 「サインイン」ボタンを押下。

サインインした後、PS4側で表示された機器登録用の数字を入力するために、「手動で登録する」ボタンを押下します。

PS4側で表示された機器登録用の数字を入力して登録します。

  1. PS4側で表示された機器登録用の数字を入力。
  2. 「登録」ボタンを押下。

PCがPS4と接続されていきます。

PCがPS4と接続されました。画面上に「PS4リモートプレイ」と記載されたバーが表示されています。

PC側のリモートアプリで番号を一度手動で登録すると、次回は「はじめる」ボタンを押下するだけで自動でPS4と接続できるようになります。

リモートプレイ画面

リモートプレイ画面には下記のような表示と設定があります。

  1. PS4コントローラのバッテリー表示。
  2. 「SHARE」ボタン:スクリーンショットなどの操作ができる。
  3. 「PS」ボタン:PS4のホーム画面への遷移。
  4. 「OPTIONS」ボタン:ゲーム内での各種オプション操作。
  5. 最大化、最小化などの画面サイズの変更。

実際のリモートプレイの画面

実際のPCでのリモートプレイの画面を最大化して、キャプチャしてみました。

設定をHDの1080p60にしてみると、なかなかの画質になります。リモートでこれだけプレイできれば十分だと思います。

最大化するとバーが非表示になるようです。

Wi-Fiの速度

私はPS4とPCはWi-Fiで接続していますので、速度を測ってみました。

下が12.00Mbps、上が26.11Mbpとなりました。このくらいの速度だとあまり遅延は発生しないようです。

まとめ

  • システムソフトウェア バージョン3.50でPCでPS4のゲームをリモートプレイできるようになった。
  • PCの対応OSはWindows 8.1、Windows 10以降、Mac OS X 10.10、Mac OS X 10.11。
  • リモートプレイにはSEN(Sony Entertainment Network)のアカウントが必要。
  • PS4側でPCと接続する番号が表示される。
  • PC側でリモートアプリをインストールして番号を入力し、PS4と接続する。
  • リモートプレイ(PC)側の画面の解像度とフレームレートを設定することができる。
  • 画面解像度は360p、540p、720pから選択することが可能。
  • 画面のフレームレートは30フレームまたは60フレームを選択できる。

PC側のリモートアプリで番号を一度手動で登録すると、次回は「はじめる」ボタンを押下するだけで自動でPS4と接続できるようです。

私は元々PCもPS4もPCのディスプレイで出力しているので、自宅でリモートプレイを行う意味はあまりありませんが、リモートプレイで画面を最大化、または縮小化できるのは便利だと思います。また、画面切り替えをブラウザライクにできるのもいいと思います。

動画は撮っていませんが、MacBook Air(El Capitan 1.86GHz Core2 Duo メモリ4GB)でも試してみました。さすがにWindowsより解像度は落ちましたが、遅延という遅延は感じられませんでした。

リモートプレイを行うと、PCのディスプレイにHDMI端子がない場合でも、PCでPS4のゲームができるようになるので、あえてPS4がある自宅でリモートプレイを行うのも面白いと思います。

興味がある方はPCのリモートで、ぜひ一度プレイしてみてください。

スポンサーリンク