Chrome拡張機能の「AMP Validator」を使ってみた

以前にAMPページのバリデーションをWeb上で行える「The AMP Validator」をご紹介いたしました。

AMPページのバリデーションをWeb上で行える「The AMP Validator」を使ってみた

「The AMP Validator」はAMPページを簡単かつ気軽に検証できるサイトですが、サイトによらず、コーディング中も常にバリデーションがOKなのかを見たい、といった方もいると思います。

Chrome拡張の機能になりますが、「AMP Validator」だとそういった要望を満たしてくれます。

「AMP Validator」をダウンロード

「AMP Validator」は下記のChromeウェブストアからダウンロードできます。

AMP Validator - Chrome ウェブストア

AMP Validator – Chrome ウェブストア

使い方

インストールすると、Chromeブラウザの右上にアイコンが表示されます。アイコンの状態は下記のようになります。

「AMP Validator」非アクティブ
非アクティブ
「AMP Validator」エラー
バリデーションエラー
「AMP Validator」バリデーションSuccess
バリデーションSuccess

エラーアイコンを押下すると、エラーを生じている行数とエラー内容が一覧で表示されます。

「AMP Validator」エラーの行数とエラー内容が表示
一覧で確認できる

「The AMP Validator」サイトとリファレンスページで確認

「AMP Validator」の一覧から、「The AMP Validator」サイトとAMPプロジェクトのリファレンスページで確認をすることができます。

「AMP Validator」の一覧から、「The AMP Validator」サイトとリファレンスページに遷移する

  1. 「Debug」を押下すると「The AMP Validator」サイトに遷移。
  2. 「Learn more」を押下するとリファレンスページに遷移。
「The AMP Validator」サイトとAMPプロジェクトのリファレンスページで確認
別タブで表示される

「The AMP Validator」サイトとリファレンスページが別タブで表示され、該当のAMPページの検証ができます。

まとめ

  • 「AMP Validator」はアイコンで簡易的にエラーの有無を確認できる。
  • 「AMP Validator」から「The AMP Validator」サイトとリファレンスページに遷移して確認できる。

エラーの有無を常に確認したい時は「AMP Validator」は非常に便利です。シンプルでよくできている機能だと思います。

本格的な検証を行いたい場合、「AMP Validator」から「The AMP Validator」やリファレンスページにも行くことができます。

「AMP Validator」や「The AMP Validator」サイト、AMPプロジェクトのリファレンスページを活用すると、より確実に正しいAMPページの構築ができそうです。

気になった方は「AMP Validator」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Chrome拡張機能の「AMP Validator」を使ってみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!