ロジクール ワイヤレスキーボード K270を買ってみた

ノートPC用にワイヤレスのキーボードが必要になり、ちょうどよい商品が見つかりましたので「LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270」という製品を購入しました。

使用しているノートPCはUSB端子の数が少ないという理由から、現在使っているロジクールのワイヤレスマウスと同じレシーバーで使えるK270はうってつけでした。

外見

シンプルなデザインだと思います。

logicool k270 前面
前面
logicool k270 背面
背面

単四形乾電池を2本使用します。電池寿命は最大2年とのこと。

logicool k270 単四形乾電池を2本使用
単四形乾電池を2本使用

USBレシーバーは背面に収納可能です。

logicool k270 USBレシーバーは背面に収納可能
USBレシーバーは背面に収納

スイッチで電源をオンオフできます。

logicool k270 スイッチで電源をオンオフ
スイッチで電源をオンオフ

ショートカットキーが付いています。

logicool k270 ショートカットキー左側
ショートカットキー左側
logicool k270 ショートカットキー 右側
ショートカットキーの右側

使用感など

打鍵音が思っていたより静かで、打鍵時のカチャカチャした感じがあまりない。普通に打ちやすいと思います。

二重打ちは今のところありません。

意外とワンタッチで操作できるショートカットキーが便利でした。マウスのショートカットとあわせるとかなり便利です。

セットアップはとても簡単でレシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけで、すぐにキーボードを使用することができました。

まとめ

  • Unifying対応なロジクール製品と同じレシ-バーで使える。
  • シンプルなデザイン。
  • 単四形乾電池を2本使用、電池寿命は最大2年。
  • USBレシーバーは背面に収納可能。
  • スイッチで電源のオン・オフが可能。
  • ショートカットキーが付いていて結構便利。
  • 打鍵音が思っていたより静かで、打鍵時のカチャカチャした感じがあまりなく、普通に打ちやすい
  • セットアップはレシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけ。

私が購入したときの値段は1,161円でした。ワイヤレスのキーボードとしてはコストパフォーマンスは素晴らしい思います。ロジクールは保障もしっかりしています(ロジクールのマウスがチャタルので連絡したら新品を送ってもらえた)し、この商品は現在3年間の無償保障となっています。

ちなみに、保障を受けやすくするためにも製品の登録(https://support.logicool.co.jp/ja_jp/register)はしておきましょう。

ワイヤレスのキーボードを始めて買う人や、あまり高金額を出せない、でも普通よりちょっといいワイヤレスのキーボードを使いたい方、USB端子が少ないPCを使用しており、ロジクール製品をすでに使用している方(レシーバーがひとつで済む)方にはオススメできるキーボードです。

ロジクール製品をペアリングさせる場合は、ロジクールのUnifyingソフトウェアを使用する必要がありますが、ダウンロード、インストールともにすぐに終わるので初心者も安心です。

3年間の無償保障もあるので、ワイヤレスキーボードの購入を検討してる方はいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!