ショートコードで一部のWordPressの内容を指定日時で表示する「datecontent-shortcode」プラグイン

WordPressの記事内にある一部の内容を、指定した日時で表示できないか考えていたところ、ちょうどよい方法を紹介しているサイトがありました。

WordPressの本文の内容を指定日時によって表示するショートコード

訪れてみると、プラグインとして動作するようにされており、ショートコードで利用できるようになっているようでした。

導入方法

ダウンロード

WordPressの本文の内容を指定日時によって表示するショートコード · GitHub」にある「Download ZIP」ボタンを押下してダウンロードします。

datecontent-shortcode Download ZIP」ボタンを押下
「Download ZIP」ボタンを押下

アップロード

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、フォルダ内に「datecontent-shortcode.php」というファイルがあります。

「datecontent-shortcode.php」ファイルを、WordPressの「wp-content」>「plugins」内に「datecontent-shortcode」というフォルダを作成し、その中にアップロードします。

WordPress ディレクトリ
pluginsにフォルダを作りその中にアップロード

プラグインの有効化

アップロードしたファイルを有効化するために、管理画面のメニューにある「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」を選択し、プラグインの一覧ページに行きます。

WordPress 「プラグイン」から「インストール済みプラグイン」を選択

プラグインの一覧に「指定日時によって内容を表示するショートコード」、というタイトルのプラグインがあるので、チェックし「有効化」を押下します。

WordPress 「指定日時によって内容を表示するショートコード」を有効化する

上記の操作で「指定日時によって内容を表示するショートコード」を利用できるようになります。

使い方

下記のように記述します。

形式は「YmdHi」で、「opendate」が内容を表示する開始日時、「closedate」が表示を終了する日時となります。

各アルファベットの意味は下記のようになります。

format文字と説明(YmdHi)
Y 年。4桁の数字。1999や2000など。
m 月。数字。01から12。
d 日。二桁の数字。01から31。
H 時。24時間単位。00から23。
i 分。00から59。

PHP: date – Manual

使用例

使用例として、「2016年10月1日10時00分」に表示し、「2016年10月1日22時00分」に非表示にする場合は下記のような記述になります。

まとめ

  • 「datecontent-shortcode」はショートコードで一部の内容を指定日時で(非)表示するプラグイン。
  • 「datecontent-shortcode.php」ファイルをWordPressの「plugins」内にフィルダを作成し、その中にアップロードする。
  • 「設定」でプラグインを有効化する。
  • 形式は「YmdHi」。

「datecontent-shortcode」はショートコードで気軽に使うことができ、指定する日時の記述も非常にシンプルです。

注意点として、日時系の機能は環境によって左右されることが大きいので、利用される際は十分に検証されることをおすすめします。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

ショートコードで一部のWordPressの内容を指定日時で表示する「datecontent-shortcode」プラグイン
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!