Amazonが送料無料を終了したので他のサービスを考えてみた

Amazonが送料無料のサービスを終了しました。内容は以下のようになります。

Amazon.co.jpが発送する商品のご注文金額(ギフトラッピング費など手数料およびAmazonギフト券を除いた商品小計)が2,000円(税込)以上の場合は通常配送料は無料ですが、満たない場合には配送料として350円がかかります。複数のお届け先を指定された場合、1配送先ごとの注文金額が2,000円(税込)以上の場合に、通常配送料が無料となります。Amazon.co.jpが発送する書籍及びAmazonギフト券については全商品につき配送料無料です。

Amazon.co.jp ヘルプ: 配送料について

私は基本的にネットショップはAmazonを利用していましたが、いい機会なので他のサービスを少し考えてみました。

Amazonの送料

他サービスを考える前に、現在のAmazonの送料を会員別にまとめてみました。

配送料

通常会員 Amazonプライム会員
通常配送 2,000円(税込)以上の場合無料、満たない場合は350円(税込み) 無料
オプション配送
お急ぎ便 360円(税込)
当日お急ぎ便 514円(税込)
お届け日時指定便 360円(税込)
当日指定の場合:514円(税込)

※2016年4月6日現在

私は現在通常会員なので、Amazonのプライム会員になろうかなと思い、調べたところ、寝ログさんの「Amazonプライムの損益分岐点。年会費を支払うメリットがあるラインを探る。」が参考になりました。

「ヨドバシ.com」と「ビックカメラ.com」

配送料が無料のネットショップを利用する場合、自分の中で「ヨドバシ.com」と「ビックカメラ.com」が候補に上がりました。

Amazonを利用しないと仮定した場合、いろいろ考えた末、比較的安い商品で壊れにくいものは「ヨドバシ.com」、家電で長く使い、壊れやすいものは「ビックカメラ.com」とするようにしようと思いました。

「ヨドバシ.com」にする理由

「ヨドバシ.com」は例外はありますが、いくらからでも全国どこでも配送料が無料です。

また、私は「ゴールドポイントカード・プラス」を所有しているので、カードでお買い物をすると11%のポイントが付きます。

「ヨドバシ.com」で配送料が掛かるケースとしては以下のようになります。

配送料が掛かるケース

デジカメプリント

  • 1回の注文金額が3,000円以上:配達料金無料
  • 1回の注文金額が3,000円未満:配達料金324円(税込)

また、沖縄県や離島など、特定地域への大型商品(冷蔵庫、洗濯機、21型以上の大型テレビなど)は別途追加配達料金の負担が発生する場合があるようです。

ヨドバシ.com – 配達・納期

「ビックカメラ.com」にする理由

壊れやすい家電を「ビックカメラ.com」で買う理由としては、以前ご紹介したように、ビックカメラには商品を購入する際のポイントを5%に減らす代わりに、保証を5年間にする長期保証があります。

この長期保証は保証期間中の修理回数が無制限、商品修理する際の自己負担がゼロというメリットがあります。

商品はAmazonで買うだけではもったいない、かもしれない
よく私はAmazonで商品を買います。なぜなら、たいていAmazonは他ECサイトより価格が安く、商品が豊富で、送料が無料だからです。 で...

ただ、「ビックカメラ.com」は「ヨドバシ.com」と違い、離島及び一部の地域への配送に関しては、一律1,080円(税込)の配送料金が掛かると明記しています。

2015年7月1日ご注文分より、離島及び一部の地域へのお届けは、通常配送とは別途に発生する追加料金、一律1,080円(税込)をご負担頂きます。追加料金については、送料として購入画面上にて表示をさせて頂きますので、ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

配送料金/日数/配送会社・お届け予日時の指定

まとめ

  • Amazon通常会員は2,000円に満たない場合、350円(税込み)の送料が掛かる。プライム会員は無料。
  • 「ヨドバシ.com」は現在基本的に送料は無料。
  • 「ビックカメラ.com」は現離島及び一部の地域への配送に関しては、一律1,080円(税込)の配送料金が掛かる。

特殊なサービスがない限り、基本的に商品を購入する際のネットショップの選択は「商品の価格+送料=金額」で、ポイントが付く場合はそれも考慮し、どこのショップで一番安く購入ができるかだと思っています。

重要なポイントは、Amazonの商品金額2,000円未満の場合の通常配送350円という配送料金です。Amazonをよく利用する方は、Amazonプライム会員になるのも手だと思います。

その場合は、「寝ログ」さんにもあったようにAmazonプライムの損益分岐点のラインを探ってみましょう。

私は今回紹介したような選択に落ち着きましたが、他にもネットショップはたくさんあるので、いろんなショップサイトを見てみるといいと思います。

記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Amazonが送料無料を終了したので他のサービスを考えてみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!