打ちやすく、疲れないキーボード 東プレ REALFORCE(リアルフォース) 108UBK

IMG_0120

今回は東プレの「REALFORCE 108UBK」キーボードをご紹介します。

REALFORCE(リアルフォース)は耐久性があり、打ちやすく、疲れないキーボードで定評があります。

管理人はマウスにはこだわっていましたが、キーボードにはあまり関心がありませんでした。今まではPCを購入したときの付属のキーボードを使用していました。

キーボードを打つときの力が強いので、すぐ指と爪が痛くなります。最近ブログの記事を書くようになり、それが特に酷くなってきました。

そこでよいキーボードがないか探したところ、ありました。

それが「東プレ REALFORCE 108UBK /静電容量無接点/変荷重/108キー/USB SJ08B0」です。

開封の儀

噂通り箱は飾り気のない素朴な箱です。いい感じです。箱は大事に保管しておきましょう。

REALFORCE(リアルフォース) 108UBKの箱
素朴な箱
REALFORCE(リアルフォース) 108UBKの包装
包装されている

外観

キーボードのカラーはブラックです。刻印のカラーは落ち着きのあるゴールド。カナ刻印はありません。

REALFORCE(リアルフォース) 108UBK おもて
REALFORCE(リアルフォース) 108UBK 裏
REALFORCE(リアルフォース) 108UBK 左側
左側
REALFORCE(リアルフォース) 108UBK 右側
右側

テンキー上にある「Num Lock」が青く光ってます。右下の「REALFORCE」の文字がかっこいいです。また、「A」の部分がギリシア文字のラムダ(Λ)で赤く印字されており、クールです。

REALFORCE(リアルフォース) 108UBK キーボードのテンキー上
「Num Lock」が青く光る

打ちやすさ

打鍵感はほどほどに軽く、打つたびに「カシュ、カシュ」と小気味良い音が鳴り、もっと打ちたいと感じさせてくれます。

以前のキーボードでは二重打ちが結構あったのですが、現在はまったくありません。

あまり強く打たなくても入力できるせいか、以前までにあった指と爪の痛みが感じられなくなりました。

注意すべきこと

キーボードにカナ刻印がないので、カナ表示がないと打てないという人は注意です。

1.8 Kgと重量がそれなりにあるので、キーボードの重さが気になる方はご注意。私の勝手な解釈ですが、キーボードを打っているときに動かないようにとの配慮があるのではないでしょうか。

以前使用していたキーボードは軽すぎたのか、力を入れて打っているとたまに位置がズレたりしていたので、個人的には安定性が増したのでうれしい点です。

まとめ

  • デザインがスタイリッシュでクール。
  • 値段は高い。
  • 打鍵感はすごく良い。
  • そこそこ重量がある。

どちらかといえば玄人向けのキーボードだと思います。ただ、打鍵感にこだわる方、入力作業が多い方、キーボ-ドをもっと打ちたいと思いたい方にとっては素晴らしい製品だと思います。

ちなみにこの「REALFORCE 108UBK」は静電容量無接点方式を採用しており、耐久性が高いといわれています。普通のキーボードでは、キーの寿命が押下回数約1000万回なのに対し、REALFORCEは3000万回以上とまでいわれています。

長く使うことを考えると、一考の価値はあると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

打ちやすく、疲れないキーボード 東プレ REALFORCE(リアルフォース) 108UBK
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!