この世には「3秒ルール」というものがある

フリー写真素材ぱくたそ

みなさんはこの世には「3秒ルール」というものがあることをご存知でしょうか。

誰しも一度は「3秒ルール」という言葉を聞いたことがあると思います。

というわけで、今回は「3秒ルール」をご紹介いたします。

「3秒ルール」とは

「3秒ルール」について考察する

「3秒ルール」とは、地面に落ちた食べ物を「3秒以内」なら、食べてもOKというシンプルなルールです。

私たちは地面に落ちたものは通常は捨ててしまいます。ですが、誰しもが一度は地面に落ちた「ポテトチップス」を見て思ったことがあると思います。

「ポテトチップスならいけるんじゃないか?」、と。

「3秒ルールはありかも?」

「3秒ルールはありかも?」と考える

「3秒ルール」について、マンチェスター・メトロポリタンという大学のある研究によると、「塩や砂糖をたくさん含む食品はより安全で、バクテリアに対してそれほど繊細ではない」という研究結果が出ています。

マンチェスター・メトロポリタン大学(MMU)は、水分含有率と広く消費されているという点で代表的な5つの食品を選び、それが床に落ちてしまった場合の汚染状況について研究を行った。この大学の研究者たちは、これらを3、5、10秒間床に置いて、その後で、どれくらいバクテリアの攻撃を受けたかを比較して分析を行った。

引用:「3秒ルール」をまじめに研究してみたら « WIRED.jp

研究の結果は「塩か砂糖を多く含む食品はより安全であり、人間に有害なバクテリアによって汚染されている可能性が低い」、といったものでした。

「3秒で汚染される食品もある」

「3秒ルール」はやっぱり危険かも

反対に、ドライフルーツと茹でたパスタは、たったの3秒でクレブシエラ菌によって汚染された。このクレブシエラ菌は、肺炎から尿道、小腸、人体の軟質部一般に炎症を起こすことから生じる敗血症まで、さまざまな病気を引き起こす可能性がある、まさにキラー・バクテリアである。

引用:「3秒ルール」をまじめに研究してみたら Page2 « WIRED.jp

食品によっては3秒で汚染されるものもあるようです。

まとめ

  • 「3秒ルール」とは、地面に落ちた食べ物を「3秒以内」なら、OKというシンプルなルール。
  • マンチェスター・メトロポリタン大学の研究によると、「塩や砂糖をたくさん含む食品はより安全で、バクテリアに対してそれほど繊細ではない」という結果が出ている。
  • ドライフルーツや茹でたパスタなど、食品によっては3秒で汚染されるものもある。

。「3秒ルール」は食品により、適用されるものとそうでないものがあるようです。

もちろん落ちた場所にもよるとは思いますが、部屋の掃除が行き届いたフローリングであれば、「ポテトチップス」程度なら「3秒ルール」は十分適用されると思います。

ですが、やはり下に落ちた食品はきちんとゴミ箱に捨てましょう。精神的な要因から病気になってしまうこともありますからね。

最後に、この記事を書くにあたり「フリー写真素材ぱくたそ」、そしてモデルになった「大川竜弥」氏に感謝いたします。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この世には「3秒ルール」というものがある
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!