楽天カードの更新で、Edy機能が無料で付帯するので申し込んでみた

以前、楽天カードについてご紹介いたしました。

クレジットカードは楽天カードがおすすめ
私はクレジットカードは2枚所有しているのですが、下記の画像の楽天カードをよく使用します。 楽天カード見本 楽天カードはポイント率が他のカ...

その所有している楽天カードの更新が近づいたので、楽天からメールが届きました。

内容を見ると、Edy機能を無料で搭載できるようなので、せっかくなので申し込んでみることにしました。

Edy機能とは

Edy機能はコンビニやファミレス、スーパーなど、全国で使える電子マネーの「楽天Edy」をカードで利用する機能です。商品を購入する際、カードリーダーによるタッチでの支払、コンビニでカードへのチャージ(入金)を可能にする機能があります。

「楽天Edy」は加盟店で使用すると、楽天ポイントが溜るのでお得です。

通常、Edy機能付き楽天カードへの切替を行う場合、切替手数料として1,080円(税込)がかかります。

更新に伴うEdy機能付き楽天カードの申し込み

会員サイトの「楽天e-NAVI」から申し込むことになります。

選択画面

選択画面は下記のようになっていました。文面を見ると、Edy機能だけでなく、楽天ポイントカード機能も無料で付帯するようです。

楽天カード Edy機能申し込み選択

搭載機能の選択

楽天カード 搭載機能申し込み選択

  1. Edy機能の付帯。
  2. オートチャージ設定。
  3. 確認ボタン。

「カードのEdy機能付帯」を希望すると、Edyをオートでチャージする、「オートチャージ設定」も選択できるようになります。

「オートチャージ」はファミリーマートでのEdyによる支払いを便利にするもので、設定した内容でレジでの支払いと同時に、カードにチャージ(入金)をすることができます。

「オートチャージ」は細かく設定でき、Edyの残高が設定した額以下になれば、同じく設定した金額がオートでチャージされます。また、1日にチャージする上限額も設定できます。

確認画面

楽天カード 搭載機能確認画面

先ほどの選択画面で選択した、カードに搭載する機能を確認することができます。私は今回、オートチャージ設定は「申し込まない」を選択しました。

Edy機能付帯の項目を見ると、今なら500円分のEdyが入金(チャージ)されてカードが届くようです。

完了画面

楽天カード 搭載機能完了画面

更新カードの発送先の住所が表示されます。このとき、カードを受け取ることができる住所がどうかを確認しておきましょう。

古い住所が記載されている場合は、「楽天e-NAVI」の「お客様情報の照会・変更」から変更しておきましょう。

まとめ

  • Edy機能はコンビニやファミレス、スーパーなど、全国で使える電子マネーの「楽天Edy」をカードで利用する機能。
  • 通常、Edy機能付き楽天カードへの切替を行う場合、切替手数料として1,080円(税込)がかかる。
  • 更新に伴い、Edy機能だけでなく、楽天ポイントカード機能も無料で付帯される。
  • Edyをオートでチャージする、「オートチャージ設定」も選択できる。
  • 今なら500円分のEdyが入金(チャージ)されてカードが届く。

楽天Edyの機能を加えることによって、通常のクレジットカードの使用だけでなく、楽天ポイントカード(共通ポイント)、Edy機能(電子マネー)と、1枚のカードで3つの機能を備えることができるので、カードの所持枚数を減らすことができます。

今後もずっと続くかはわかりませんが、楽天カードの更新で、Edy機能が無料で付帯するのであれば、申し込んでみてもいいのではないでしょうか。

記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

楽天カードの更新で、Edy機能が無料で付帯するので申し込んでみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!