Webプッシュ通知をする噂の「Push7」を導入してみた

Push7 | Webサイト運営者のための、Webプッシュ通知サービス

以前、Webプッシュ通知をする「pushnate」を当サイトでご紹介いたしました。

Webプッシュ通知ができる「pushnate」がおもしろそう
ここ最近プッシュ通知のサービスが噂になっているので、調べたところ、「pushnate」というサービスを見つけました。 というわけで、今回は...

Webプッシュ通知サービスは現在、「pushnate」と「Push7」が広く知られてます。「Push7」はAndroid OS、PC版Chrome、Firefox、iOSに対応しています。

「Push7」についてはまだよく知らないこともあり、少し見てみるつもりで「Push7」サイトに訪れてみたのですが、あまりにも登録からの導入が手軽に出来たので驚きました。

というわけで、今回は「Push7」をご紹介いたします。

株式会社GNEX

株式会社GNEX

株式会社GNEX

「Push7」は株式会社GNEXが開発を行っているWebプッシュ通知サービスです。GNEXの代表は三上洋一郎という方で、10代で起業したことで話題になりました。

Push通知は記事の更新や商品の入荷など、様々な用途に使用することができます。

「Push7」を導入する

登録

まず、サイトの右上にある「一般」、「エンタープライズ」のいずれかを選択し、「新規登録」ボタンを押下します。

Push7 「新規登録」ボタンを押下

メールアドレスを入力し、「仮登録」ボタンを押下します。

Push7 メールアドレスを入力し、「仮登録」ボタンを押下

  1. メールアドレスを入力。
  2. 「仮登録」ボタンを押下。

仮登録したメールアドレスに本登録の案内が来るので、メールの本文内に記載されている指定されたURLを押下して、本登録を行っていきます。

Push7 本登録を行う

  1. サイト名を入力。
  2. サイトURLを入力。
  3. アプリケーション用URLを入力。
  4. 「登録」ボタンを押下。

本登録が完了すると、管理画面に遷移します。

Push7 本登録が完了すると、管理画面に遷移

設定とかんたん設置

デフォルトの「かんたん設置」で設定を行っていきます。

Push7 かんたん設定

  1. サイドメニューから「アプリケーション」を選択。
  2. 上部のタブから「導入方法」を選択。
  3. ボタンの表示形式を選択。
  4. コードをコピー。

コピーしたコードを表示したい箇所にペーストすると、選択した表示形式でボタンが表示されます。

Push7 購読者数付きボタン

Push7のボタンが表示しない場合

WordPressの仕様などにより、テンプレートにスクリプトを記述した時、スキームが書き換えられて、「https」が「http」となる場合があります。

その場合、下記の関数を子テーマの「functions.php」に記述してみてください。

「APPNO」の部分は「自動プッシュ設定」ページなどにある、「APPNO」を入力してください。

Push7 「自動プッシュ設定」ページの「APPNO」

プッシュ通知を行う

プッシュ通知を行うにはサイドメニューから「プッシュ通知」を選択し、上部にある「新規プッシュ通知」ボタンを押下します。

Push7 サイドメニューから「プッシュ通知」を選択し、上部にある「新規プッシュ通知」ボタンを押下

ウィンドウが表示されるので、プッシュ通知する内容を入力していきます。

Push7

  1. タイトル:通知ウィンドウに表示される見出し。
  2. URL:送信するページのURL。
  3. 内容:通知ウィンドウに表示される内容。

購読ボタンを押下して、通知を許可したユーザーは、下記のようなプッシュ通知を受け取ることができます。

デスクトップ通知

Push7 デスクトップ通知

WordPressプラグインの「Push7」で自動通知を行う

「Push7」はWordPressのプラグインを使用することによって、自動でプッシュ通知を行うことができます。

Push7 プラグイン

Push7 — WordPress Plugins

インストール

「Push7」プラグインは上記のサイトからダウンロードしてインストールするか、WordPress内のメニューから新規追加を行います。

Push7 WordPressメニュー

  1. メニューから「プラグイン」を押下。
  2. 「新規追加」を押下。

「Push7」と入力。

「Push7」と入力

「Push7」プラグインが表示されるので、「今すぐインストール」ボタンを押下します。

Push7「今すぐインストール」ボタンを押下

設定

次に「Push7」管理画面メニューの「アプリケーション設定」から、「自動プッシュ設定」に行き、「APPNO」と「APIKEY」を確認します。

Push7 管理画面の「自動プッシュ設定」に行き、「APPNO」と「APIKEY」を確認

  1. 「APPNO」が表示される。
  2. 「APIKEY」が表示される。

上記の「APPNO」と「APIKEY」をWordPressの「Push7」プラグインに設定するので、テキストエディタなどにコピー&ペーストし、張り付ける用意をします。

次にWordPressでPush7の設定を行います。WordPressのメニュー「設定」から、「Push7設定」に行きます。

Push7 WordPressのメニュー「設定」から、「Push7設定」に行く

  1. 「設定」を押下。
  2. 「Push7設定」を押下。

「Push7設定」を行います。

「Push7設定」を行う

  1. ブログのタイトルを入力。
  2. 「APPNO」を張り付ける。
  3. 「APIKEY」を張り付ける。
  4. SSLでの通知を検証する場合の有無。
  5. カテゴリ毎の新規投稿、更新でプッシュ通知をする場合、チェックを入れる。
  6. 通常の投稿(post)、またはインストールしているプラグインによる新規投稿、更新でプッシュ通知をする場合の設定。
  7. 「変更を保存」ボタンを押下。

「Push7」プラグインをインストールすると、「Push7通知設定」のボックスが記事投稿画面に表示されます。各記事毎の新規投稿、または更新をする際の通知設定が行えます。

Push7 記事の新規投稿、または更新をする際の通知設定を行う

アプリ

「Push7」のiOSアプリにより、モバイルでプッシュ通知を受け取ったり、一覧からそのままサイトへ遷移することができます。

Push7 iOSアプリ管理画面 Push7 iOSアプリ Safariで開く Push7 iOSアプリ 一覧画面

アプリの利用は無料です。

契約プラン

管理画面の「アプリケーション設定」の「契約プラン」から、「Push7」のプランを選択することができます。

契約プランは「Free」、「Basic」、「Premium」と現在3つのプランがあります。

契約プラン Free Basic Premium
月間上限プッシュ通数 5,000回 30,000回 100,000回
月額利用料金(税込み) 0円 1,058円 3,218円

Push7 契約プラン

私は現在「Free」を選択しています。

まとめ

  • 現在「Push7」はAndroid OS、PC版Chrome、Firefox、iOSに対応している。
  • WordPressプラグインで自動的に購読者へプッシュ通知をすることができる。
  • WordPressの仕様などにより、テンプレートにスクリプトを記述した時、スキームが書き換えられる場合がある。
  • iOSの無料アプリがある。
  • 「契約プラン」を選択できる。

「Push7」は内容だけを確認し、登録するつもりはなかったのですが、気づいたら登録を行っている状態でした。登録からの導入が非常に気軽に出来たので驚きました。

「Push7」は無料で使用できるので、Webプッシュ通知の導入を検討しているのであれば、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Webプッシュ通知をする噂の「Push7」を導入してみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!