「Push7」のボタンを中級者向けの「プロ」で設置してみた

Push7 | Webサイト運営者のための、Webプッシュ通知サービス

以前、「Push7」のかんたん設置でボタンを設置する方法をご紹介いたしました。

Webプッシュ通知をする噂の「Push7」を導入してみた
Push7 | Webサイト運営者のための、Webプッシュ通知サービス 以前、Webプッシュ通知をする「pushnate」を当サイトでご紹...

今回は一段上の「プロ」で設置する方法をご紹介いたします。

「Push7」の設置方法の種類

「プロ」設置をご紹介する前に、「Push7」の設置方法の種類に関してご説明いたします。

「Push7」の設置には、現在3種類の設置方法があります。

かんたん プロ エキスパート
ドメイン例 example.app.push7.jp push.example.com example.com
注意事項 特になし。 独自ドメインが必要。
CNAMEの設定が必要。
独自ドメインが必要。
SSLが必要。
モジュールの導入が必要。

「かんたん」から「エキスパート」になるにしたがい、より独自ドメインに近くなっていきます。

「Push7」ボタンの「プロ」設置方法

CNAMEのエントリーを確認

まずは、DNSレコードに追加する、 CNAMEのエントリーを「Push7」の管理画面で確認します。

メニューの「アプリケーション設定」を押下します。

Push7 メニューの「アプリケーション設定」を押下

「導入方法」タブを押下します。

Push7 「導入方法」タブを押下

「設置方法」の「プロ」にある「選択」ボタンを押下します。

Push7 「選択」ボタンを押下

CNAMEのエントリーが表示されるので、「内容(VALUE)」などの情報を確認します。

Push7

DNSレコードの追加

次にドメインを管理している、レンタルサーバーなどの管理画面にログインし、DNSレコードの設定画面を開きます。

私は「エックスサーバー」と契約しているので、エックスサーバーの管理画面を例にご紹介いたします。

管理画面にある「ドメイン」の「DNSレコード設定」に入ります。

エックスサーバー 管理画面 ドメイン DNS設定

DNSレコード設定画面にある、「DNSレコードの追加」から情報を入力していきます。

エックスサーバー DNSレコード追加

  1. 「push」などの任意の文字を入力。
  2. 「CNAME」を選択。
  3. 「Push7」のCNAMEのエントリーで確認した「内容(VALUE)」を入力。
  4. 環境に合わせて優先度を入力。
  5. 「DNSレコードの追加(確認)」ボタンを押下。

確認画面で入力した内容でよければボタンを押下し、DNSレコードを追加します。

エックスサーバー DNSレコード追加確認

  1. 「ホスト名」を確認。
  2. 種別が「CNAME」になっているのを確認。
  3. 「Push7」のCNAMEのエントリーで見た、「内容(VALUE)」と同じになっているかを確認。
  4. 優先度を確認。
  5. 「DNSレコードの追加(確定)」ボタンを押下。

DNSレコードの一覧からDNSの追加を確認します。

エックスサーバー DNSレコードの一覧で確認

フォームから登録したホスト名を申請する

「Push7」の「設置方法」の画面に戻り、サーバーで設定したホスト名を申請します。

Push7 ホスト名を申請

  1. ホスト名を入力。
  2. 「申請」ボタンを押下。

ドメインを申請しました。

Push7 ドメインが申請される

ドメインの申請中です。

Push7 ドメインの登録中

ドメインの作成が完了しました。

Push7 ドメインの作成が完了

ボタン表示用のソース

あとはボタンを表示したい場所に下記のソースを張り付けます。

Push7 ボタン表示用のソース

以上で完了です。

「プロ」設置のドメイン表示

「プロ」設置のドメインに成功している場合、下記のように「xxx.example.com」となります。

Push7 「プロ」設置ドメイン

余談ですが、通知ドメインを変更した場合、購読者は以前の購読をいったん解除して再講読しないと、変更したドメインで購読者には通知されないようです。

Push7のボタンが表示しない場合

WordPressの仕様などにより、テンプレートにスクリプトを記述した時、スキームが書き換えられて、「https」が「http」となる場合があります。

その場合、下記の関数を子テーマの「functions.php」に記述してみてください。

「APPNO」の部分は「自動プッシュ設定」ページなどにある、「APPNO」を入力してください。

Push7 「自動プッシュ設定」ページの「APPNO」

まとめ

  • 「Push7」の導入方法画面からCNAMEのエントリーを確認する。
  • レンタルサーバーの管理画面でDNSレコードを追加する。
  • 「Push7」のフォームから登録したホスト名を申請する。
  • ボタン表示用のソースを表示したい箇所に張り付ける。
  • WordPressの仕様などにより、テンプレートにスクリプトを記述した時、スキームが書き換えられる場合がある。

「プロ」設置で「Push7」のボタンを設置すると、通知表示のURLが、独自ドメインにより近くなります。

「かんたん」設置とそれほど難易度は変わらないので、独自ドメインでサイトを運営している方は、「プロ」設置の設定を行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

「Push7」のボタンを中級者向けの「プロ」で設置してみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!