三菱東京UFJ銀行の「ワンタイムパスワード」

以前、ゆうちょ銀行の「ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)」の「トークン」をご紹介いたしました。

ゆうちょ銀行には「ゆうちょダイレクト」という、インターネットで口座の照会や振り込みなどをするサービスがあります。「ゆうちょダイレクト」のサー...

三菱東京UFJ銀行の「三菱東京UFJダイレクト」でも、ワンタイムパスワード(トークン)を導入するようになりました。

平成28年6月12日(日曜日)より、インターネットバンキングでの振込等の取引にはスマートフォンアプリ、またはカードによるワンタイムパスワードの利用が必須となるので、ワンタイムパスワードを申し込んでみました。

というわけで、今回は三菱東京UFJ銀行のワンタイムパスワード(トークン)をご紹介いたします。

「ワンタイムパスワード」とは

ワンタイムパスワードとはなんぞや、という方のために軽く触れておきます。

「ワンタイムパスワード」とは一度限りの有効なパスワードのことで、本人がパスワードを入力するときに、例え第三者にパスワードを盗まれたとしても、パスワードが固定されていないことから、第三者による不正アクセスを困難にすることができます。

「三菱東京UFJダイレクト」のワンタイムパスワード

「三菱東京UFJダイレクト」のワンタイムパスワードの種類は現在2種類あります。

  • スマートフォンのアプリによるワンタイムパスワード。
  • カードによるワンタイムパスワード。

下記にそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

アプリによるワンタイムパスワード

メリット

  • ダウンロードなのですぐに登録して利用することができる。
  • アプリをインストールしているスマホを携帯するだけでよい。
  • カードと違い、内蔵した電池が切れて完全に使用できなくなることがない。
  • カードと違い、ワンタイムパスワードの利用を解除しても再度登録し、利用することができる。

デメリット

  • スマホが変わると再度アプリをダウンロードする必要がある。
  • スマホが変わると再度利用登録をする必要がある。
  • OSのバージョンアップでアプリの対応が遅れる場合がある。
  • ワンタイムパスワード利用中に誤ってアプリを削除してしまうと面倒なことになる。
  • ウィルスに感染する可能性がある。

カードによるワンタイムパスワード

メリット

  • OSなどの環境に依存しない。
  • ウィルスに感染することがない。
  • シンプルで使いやすい。

デメリット

  • カードが郵送されてくるまで利用できない。
  • 電池が切れた場合、支店で再発行手続きをする必要がある。ただし、カードの前回発行日から1年が経過している場合は、インターネットバンキングから発行の手続きができる。カードが故障の場合も同様。
  • 一度登録を解除したカードは再利用できない。
  • カードをスマホのほかに所持するので荷物が増える。

ワンタイムパスワードの利用開始以降の取引

ワンタイムパスワードの利用開始以降も、一部取引では引き続き契約したDirectカードが必要のようです。

ワンタイムパスワードを利用する取引 確認番号表を利用する取引
  • 振込
  • 住所・連絡先変更
  • 外国送金
  • 税金・各種料金払込
  • eペイメント
  • ネット振込(EDI)
  • Suicaチャージ
  • ご利用限度額変更
  • IBログインパスワード変更
  • Eメールアドレス変更など左表以外の認証が必要な取引

※2016年3月時点

実物のワンタイムパスワードカード

私は実物のトークンが好きなので、カードの方を申し込んでみました。

画像のように台紙のような感じで、ケースに入って送られてきます。

三菱UFJ ワンタイムパスワードカード ケース入り
ケースに入っている

使用するときは左上にある「1」のボタンを押下して、ディスプレイにワンタイムパスワードを表示させ、表示されたパスワードをUFJダイレクトの確認画面に入力して使います。

三菱UFJ ワンタイムパスワードカード
三菱UFJ OTP

カードの比較

以前ご紹介したゆうちょダイレクトのカードと並べてみました。縮尺が違いますが、ご了承ください。

三菱UFJ ワンタイムパスワードカード
三菱UFJ OTP
ゆうちょダイレクト トークン
ゆうちょ OTP

そっくりです。ワンタイムパスワードカードの規格などがありそうな感じですね。

注意点

三菱東京UFJ銀行の「ワンタイムパスワード」には下記のような注意点があります。

  • アプリとカードを同時に利用することはできない(アプリまたはカードのどちらか一方の利用になる)。
  • ワンタイムパスワードの利用開始以降は、モバイルバンキングのすべての取引、テレフォンバンキングの「振込」、「外国送金」、「住所・連絡先変更」、「ご利用限度額変更」が利用できなくなる。
  • ワンタイムパスワード(アプリまたはカード)を利用中の場合、ワンタイムパスワードの利用を解除すると、該当する振込等の取引ができなくなる。
  • 利用は日本国内限定。

まとめ

  • 「ワンタイムパスワード」とは一度限りの有効なパスワード。
  • 「三菱東京UFJダイレクト」のワンタイムパスワードは現在アプリとカードの2種類。
  • アプリとカードそれぞれにメリットとデメリットがある。
  • ワンタイムパスワードの利用開始以降も、一部取引では引き続き契約したDirectカードが必要。
  • アプリとカードを同時に利用することはできない(アプリまたはカードのどちらか一方の利用になる)。
  • ワンタイムパスワードの利用開始以降はモバイルバンキングの取引ができなくなる。
  • ワンタイムパスワード(アプリまたはカード)を利用中の場合、ワンタイムパスワードの利用を解除すると、該当する振込等の取引ができなくなる。
  • 利用は日本国内限定。

平成28年6月12日(日曜日)より、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングでの振込等の取引にはスマートフォンアプリ、またはカードによるワンタイムパスワードの利用が必須になります。

三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングを利用しているのであれば、早めにアプリかカードのどちらを利用するのかを決めて、申し込んでしまいましょう。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!