Windowsの「Snipping Tool」を使ってスクリーンショットをしてみた

Windowsで簡易的なスクリーンショットといえば、PrintScreenキーでのキャプチャを思い浮かべると思います。実はWindowsにはデフォルトで「Snipping Tool」というスクリーンショットを行うソフト(デスクトップのWindows Vistaから含まれた)が存在します。

今回は「Snipping Tool」を使ったスクリーンショットをご紹介いたします。

使い方

左下の検索バーから「snipping」と入力すると「Snipping Tool」が表示されるのでクリックします。

検索バーで検索し「Snipping Tool」をクリック
検索バーで検索し「Snipping Tool」をクリック

スクリーンショットの種類

自由形式の領域切り取り

「新規作成」から「自由形式の領域切り取り」を選択します。

Snipping Tool 「新規作成」から「自由形式の領域切り取り」を選択
「新規作成」から「自由形式の領域切り取り」を選択

切り取りたいオブジェクトの周りに任意の図形を描きます。

Snipping Tool 切り取りたいオブジェクトの周りに任意の図形を描く
切り取りたいオブジェクトの周りに任意の図形を描く

描いた図形の通りに切り抜かれます。

Snipping Tool 描いた図形の通りに切り抜かれる
描いた図形の通りに切り抜かれる

四角形の領域切り取り

「新規作成」から「四角形の領域切り取り」を選択します。

Snipping Tool 「新規作成」から「四角形の領域切り取り」を選択
「新規作成」から「四角形の領域切り取り」を選択

切り取りたいオブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描きます。

Snipping Tool 切り取りたいオブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描きく
切り取りたいオブジェクトの周りにカーソルをドラッグして四角形を描く

カーソルをドラッグした四角形の通りに切り抜かれます。

Snipping Tool カーソルをドラッグした四角形の通りに切り抜かれる
カーソルをドラッグした四角形の通りに切り抜かれる

ウィンドウの領域切り取り

「新規作成」から「ウィンドウの領域切り取り」を選択します。

Snipping Tool 「新規作成」から「ウィンドウの領域切り取り」を選択
「新規作成」から「ウィンドウの領域切り取り」を選択

ブラウザやダイアログボックスなど、キャプチャするウィンドウを選択します。ここではブラウザを選択しており、ブラウザのウィンドウのみがきれいに切り取られています。

Snipping Tool ブラウザのウィンドウが切り取られている
ブラウザのウィンドウが切り取られている

全画面領域切り取り

「新規作成」から「全画面領域切り取り」を選択します。

Snipping Tool 「新規作成」から「全画面領域切り取り」を選択
「新規作成」から「全画面領域切り取り」を選択

画面全体がキャプチャされます。

Snipping Tool 画面全体がキャプチャされる
画面全体がキャプチャされる

まとめ

  • 「Snipping Tool」はデフォルトで(Windows Vistaから)含まれている。
  • 現在は4つの形式でスニッピングすることができる。

実はWindowsの「Snipping Tool」の名前は聞いたことはあるのですが、ここ最近使い始めました。以前はブラウザの拡張機能やアドオン、またはWinShot、直近ではScreenpressoなどを利用してスクリーンショットを行っていました。

「Snipping Tool」はデフォルトで入っているソフトなので、何らかの理由でフリーソフトなどをインストールできない場合に重宝するツールだと思います。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!