「PlayStation Now」がWindowsのPCに対応するのでいろいろ考えてみた

PlayStation™Now | プレイステーション® オフィシャルサイト

「PlayStation Now」(以下PS Now)の対応デバイスにWindowsのPCが追加されるということで、利用を検討する意味でもいろいろ考えてみました。

「PS Now」とは

「PlayStation Now」とは

PlayStation™Now | プレイステーション® オフィシャルサイト

「PS Now」はクラウドサーバーからゲームが配信されるストリーミングゲームサービスで、PlayStation3のタイトルを対応したデバイスでプレイすることができます。ゲームはストリーミング形式で配信されるので、ゲームデータのダウンロードが完了していない状態でもプレイすることができます。今後、PlayStation4のタイトル配信も予定されています。

「PS Now」に対応するデバイス

対応デバイスと利用方法
PlayStation®4 PS4®の「PS Store」のメニューから「PS Now」を選択。
Windows対応PC PS Now | PlayStation Now for PC | プレイステーション」からアプリをダウンロードして設定を行う。
PlayStation®Vita 「PS Vita」の「PS Store」から、「PlayStation™Now Betaサービス専用アプリケーション」(無料)をダウンロード。
※2017年8月15日(火)をもって、Vitaの「PlayStation™Now」(PS Now)サービスの提供が終了される。
PlayStation®Vita TV 「PS Vita TV」から 「PS Store」から、「PlayStation™Now Betaサービス専用アプリケーション」(無料)をダウンロード。
※2017年8月15日(火)をもって、Vita TVの「PlayStation™Now」(PS Now)サービスの提供が終了される。
ソニー製 液晶テレビ ブラビア® 「PlayStation(TM) Now の始めかた | ネットワークサービス | テレビ ブラビア/“ベガ” | サポート・お問い合わせ | ソニー」を参照。
※2017年8月15日(火)をもって、ソニー製 液晶テレビ ブラビアの「PlayStation™Now」(PS Now)サービスの提供が終了される。
ソニー製 ブルーレイディスクプレーヤー 「PlayStation(TM) Now の始めかた | ネットワーク接続・設定方法 | ネットワーク機能を楽しむ | ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー | サポート・お問い合わせ | ソニー」を参照。
※2017年8月15日(火)をもって、ソニー製 ブルーレイディスクプレーヤーの「PlayStation™Now」(PS Now)サービスの提供が終了される。

サービスプラン

定額制サービス
1ヶ月利用権 2,315円+税
3ヶ月利用権 5,463円+税
レンタルサービス
4時間 200円+税~
7日間 200円+税~
30日間 200円+税~
90日間 400円+税~
  • ※レンタル期間はプレイ時間の累積ではなく、プレイ開始からの実経過時間。
  • ※セーブデータはクラウド上に保存、再度同じタイトルをプレイする場合、セーブポイントから続きをプレイすることができる。
  • ※同時接続人数の上限に達した場合、プレイの順番待ちとなる。
  • ※プレイには下り速度5Mbps以上が保証される安定したネットワーク環境が必要となる。快適にプレイする場合は12Mbps以上が保証される安定したネットワーク環境が必要となる。

「PS Now」を利用するメリットとデメリット

パッと思いつく上で「PS Now」を利用するメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

  • 「PS Now」は高速な回線速度(推奨12Mbp)さえ確保できれば、ハードの性能に左右されず高品質で遊べる。
  • PS4のタイトルが配信される場合、PS4 Proの品質があるタイトルはPro相当でプレイできる可能性がある。
  • ストリーミングサービスなので、直ぐにプレイすることができる。
  • 定額では遊び放題で、レンタルでは少額でタイトルをプレイすることができる。

デメリット

  • 高速な回線速度が確保できない場合、快適なプレイは難しい(特にFPSなど)。
  • 定額制を選択した場合、プレイ時間を確保できないと無駄が生じる。
  • 同時接続人数の上限に達した場合、順番待ちになる。

どういった利用方法が望ましいか

プレイ時間が確保でき、プレイしたいタイトルが多い場合は定額制、ピンポイントでプレイしたいタイトルがある場合はレンタル、といった感じでしょうか。WindowsPCでの利用は定額制サービスのみになるようなので、注意することになります。

今後PS4のタイトルも配信されるということですが、初めにPS4でPS4のゲームがプレイできても意味がないと思ったのですが、プレイしたいソフトが一本しかないとしても、定額制の料金でも2,315円+税と、普通にソフトを購入するよりはるかに安くなります。そこにレンタルサービスが加わればさらに安くなるので、PS4でPS4のソフトをプレイするとしても料金的にメリットがあります。

Windows PCの場合は定額制のみのようなので、プレイしたいソフトが配信されたときのみ、1ヶ月利用権を購入しプレイする、といった利用方法が考えられます。

「PS Now」は定額制サービスが加入手続き後から、7日間だけ無料になるサービスがあるので、回線速度など自分の環境で試してから加入の継続を検討するとよいと思います。

PlayStation™Now 7日間無料体験(PS4, PS3) | 公式PlayStation®Store 日本

まとめ

  • 「PS Now」はクラウドサーバーからゲームが配信されるストリーミングゲームサービス。
  • PlayStation3のタイトルを対応したデバイスでプレイすることができる。
  • PlayStation4のタイトル配信が予定されている。
  • 料金プランは定額制と単体のレンタルサービスがある。
  • Windows PCにも対応する(2017年3月21日にサービス開始)。
  • Windows PCは定額制のみ。

「PS Now」はストリミーング形式で配信されるので、良くも悪くも回線速度や安定性に終始するサービスだと思います。無料期間で試して、環境に合うのであれば、加入する価値は十分にあると思います。

まもなくWindows PCにも対応するので、ハードを持っていない方には素晴らしいサービスになる可能性があります。今後、PS4のタイトルも配信される予定なので目が離せません。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!