開いているタブを記憶するFirefoxアドオン「セッションマネージャ」

large_4388430444

photo credit: comedy_nose via photopin cc

私は以前、Firefoxブラウザでたくさんタブを開いているときに、急にブラウザが落ちてしまい、開いていたタブの表示を復旧できずに手動で一つ一つタブを開きなおさなくてはならない状況がたびたびありました。

そんなときに開いているタブの情報を記憶してくれるようなアドオンがないか探したところ、「セッションマネージャ」というアドオンを見つけることができました。

というわけで、今回は開いているタブを記憶するFirefoxアドオン、「セッションマネージャ」をご紹介いたします。

セッションマネージャをダウンロード

セッションマネージャ Firefox アドオン Mozilla Japan の公式アドオン紹介サイト

セッションマネージャを「Session Manager :: Add-ons for Firefox」からダウンロードします。

セッションマネージャをダウンロードし、アドオンが完了するとFirefoxのツールバーに下記のフロッピーのアイコンが表示されます。

セッションマネージャのアイコン

セッションマネージャの使い方

タブセッションを保存する

フロッピーアイコンの右横にある三角マークを押下します。

セッションマネージャ フロッピーアイコンの右横にある三角マークを押下

「Session Manager」から「セッションを保存(S)」を選択します。

セッションマネージャ 「Session Manager」から「セッションを保存(S)」を選択

保存するセッション名を入力します。「タブセッション1」という名前で保存しました。

セッションマネージャ 保存するセッション名を入力

「保存」ボタンから「保存(S)」を押下すると、タブセッションの保存が完了します。

セッションマネージャ 「保存」ボタンから「保存(S)」を押下

タブセッションを読み込む

フロッピーアイコンの右横にある三角マークを押下します。

セッションマネージャ フロッピーアイコンの右横にある三角マークを押下

「Session Manager」から「セッションを読み込む(L)」を選択します。

セッションマネージャ 「Session Manager」から「セッションを読み込む(L)」を選択

タブセッションの一覧に保存した「タブセッション1」があるので、「タブセッション1」を選択して「読込」ボタンを押下します。

セッションマネージャ

タブセッションが読み込まれ、「タブセッション1」で保存したタブが復元されて、Firefoxブラウザに保存したタブが表示されました。

セッションマネージャ セッションが読み込みまれ、Firefoxに「タブセッション1」保存したタブが表示される

まとめ

  • 開いているタブを保存することができる。
  • 開いていたタブを復元し、表示することができる。

Firefoxは右クリックで「タブをピン溜め」する機能がありますが、たまにピン留めをしていてもタブを復元できないことがあります。そういったときに「セッションマネージャ」でタブのセッションを保存しておくと安心です。また、ブラウザを完全に再度インストールしたときや、別のPCにタブの情報を再現したい場合などに便利です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

開いているタブを記憶するFirefoxアドオン「セッションマネージャ」
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!