Google AdSenseの「ラージスカイスクレイパー」を導入してみた

最近、少しブログのデザインを変更したりしているのですが、どうせなのでGoogle AdSenseの広告も変えてみることにしました。

どの広告ユニットを新しく導入するか悩んでいたのですが、自分が訪問するサイトで最も印象に残っている広告サイズを導入することにしました。

Google AdSenseの広告ユニットの一覧を見てみると、導入しようと思った広告ユニットは「ラージスカイスクレイパー」と記載されていました。

「ラージスカイスクレイパー」とは

「ラージスカイスクレイパー」はPC向きの300×600の縦に長い広告ユニットで、名称の由来は超高層ビルから来ているようです。

配置場所としてはサイドバーに配置するのがセオリーのようで、Google AdSenseのポリシーでは配置は1ページにつき、1つまでと決まっています。

「大きなサイズ」の広告ユニットについては、1 ページに複数配置することはできません。ここでの「大きなサイズ」とは、300×600(または類似したサイズ)の広告ユニットを指します。

引用:広告の配置に関するポリシー – AdSense ヘルプ

※2016年7月4日時点

設置した際に戸惑ったこと

設置に関しては滞りなく行えたのですが、広告の確認をしている時に、奇妙な表示をすることに気付きました。

下記の画像のように、300×600内で上下に300×250の広告が2つ表示されています。

ラージスカイスクレイパー内で300x250の広告が2つ表示されている
300×250の広告が2つ表示されている

Google AdSenseのポリシーでは、1ページで表示できるコンテンツ向けAdSenseユニットは3つまでと決まっています(※2016年7月4日時点)。

既にダブルレクタングルユニットなどで別の箇所に2つ広告が表示されている場合、「ラージスカイスクレイパー」内で上記のような表示になると、都合4つになるのでポリシーに違反してしまうのではないかと危惧しました。

そこで、「AdSense ヘルプフォーラム – Google プロダクト フォーラム」で質問をしてみました。

アンサーとしては、Google側で分けて表示するもので、違反にはならないとのことでした。

ポリシーには「AdSenseユニットは3つまで」、とあります(※2016年7月4日時点)。

ここで言われているのは「広告ユニット」そのものの数のはずなので、「ラージスカイスクレイパー」内で、画像広告やテキスト広告がいくつあっても問題ない、と解釈しました。

まとめ

  • 「ラージスカイスクレイパー」は300×600の広告ユニット。
  • 配置は1ページにつき、1つまで。
  • 広告ユニット内で画像広告やテキスト広告がいくつあっても、広告ユニットの数としては1つ。

今回の件で初めて「AdSense ヘルプフォーラム」を利用しましたが、1時間もしないうちに返信がきたので、助かりました。今回新しく導入した「ラージスカイスクレイパー」が当サイトで効果があるのか、様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする

Google AdSenseの「ラージスカイスクレイパー」を導入してみた
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!