「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」を読んでみた

以前、「わかばちゃんと学ぶ Webサイト制作の基本」という本をご紹介いたしました。

以前にあるツイートで、WebのHTMLやCSSをイラストで擬人化している方がいることを知りました。 その方が書籍を出すというツイートをされ...

そのWebサイト制作の基本と同じ著者が、「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」というタイトルで、Git入門の書籍を出したようなので購入して読んでみました。

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」とは

マンガでわかるGit 第1話「Gitってなあに?」|CodeIQ MAGAZINE

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」はGit(プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システム)の使い方を「SourceTree」というフリーソフトを利用し、読みやすい図やマンガで解説されています。元々はCodeIQでWeb連載されていたのですが、書籍版として加筆されて出版されたようです。

著者は「マンガでわかるWebデザイン」サイトでマンガの制作・記事の執筆をされている、Webデザイナーの「湊川あい(みなとがわ あい)」さん。出版はC&R研究所となっています。

内容

本の内容はグラフィカルなフリーソフトの「SourceTree」を利用した、下記のようなGitの基本的な使い方や、一部を除外してファイルをコミットをする「.gitignore」などの方法が書かれています。

  • コミット
  • プッシュ
  • プル
  • プルリクエスト
  • チェックアウト
  • リバート
  • リベース
  • スカッシュ
  • ブランチ
  • コンフリクト
  • マージ
  • フェッチ
  • スタッシュ
  • チェリーピック
  • .gitignore

などの解説がされています。

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門〈GitHub、Bitbucket、SourceTree〉 | 湊川 あい, DQNEO |本 | 通販 | Amazon」では一部、なか見ができるようです。

なか見ができる

こんな方におすすめ

  • Gitの初心者
  • もう一度Gitの基本機能を見直してみたい。
  • SVNなど他のバージョン管理を利用していて、Gitの利用を検討している。
  • 少しでもいいのでサンプルなどを触って実際に利用してみたい。

上記のような方におすすめです。

まとめ

「わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」はフリーソフトの「SourceTree」を通じて、Gitを利用する上で基本的な機能や便利な方法が掲載されています。マンガや図でわかりやすく解説されているので、Gitの入門にはうってつけです。前回の「Webサイト制作の基本」では4コマがメインだったのですが、今回はよりマンガらしくなっており、マンガ部分がさらに読みやすくなっています。

Gitを学ぶと同時に、「SourceTree」の基本的な操作も習得することができるので、一度に二度おいしい内容となっています。Gitを利用してみたいけど、どういうものなんだろう、といった方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク