WordPressで構築したサイトをバックアップ

origin_271802152

photo credit: trekkyandy via photopin cc

今回はWordPressで構築したWebサイトのバックアップ方法をご紹介いたします(WordPressのバージョンは4.0)。

バックアップの対象は大きく分けて以下の2つになります。

  • サイトのファイル
  • データベース(xmlファイルまたはsqlファイル)

サイトのファイルはWordPress本体であるプログラムやテーマ(PHPファイル、HTMLファイル、CSSファイル、JavaScriptファイルなど)、投稿用にアップロードした画像データなどです。

データベースはWordPressで設定したカテゴリーやタグ、投稿した記事データなどです。

1.サイトのファイルをバックアップ

FTPソフトで、サーバーへ接続します。Webサイトのドキュメントルート(大抵の場合、public_htmlという名前のフォルダです)に移動して、public_html内にあるフォルダとファイルをすべてダウンロードします。

ファイルは一旦デスクトップにフォルダを作ってそこにダウンロードするといいでしょう。

public_html内のサイトファイル一式

2.データベース(xmlファイルまたはsqlファイル)をバックアップ

通常はphpMyadminなどを使用してsqlファイルをバックアップしますが、まずWordPressの機能を使ってxmlファイルをバックアップする方法をご説明します。

  1. ツールのエクスポートを選択。

    エクスポートを選択

  2. 「エクスポートファイルをダウンロード」ボタンを押下。

    「エクスポートファイルをダウンロード」

ファイルは一旦デスクトップにダウンロードするといいでしょう。

次はphpMyadminを使用してsqlファイルをバックアップする方法をご説明します。

WordPressはデータベースに「mysql」を採用していますので、バックアップ対象は「MySQL」となります。

バックアップするのに必要なツール「phpMyAdmin」を用意します。

phpMyAdminを開き、WordPressで利用しているデータベースを選択したあと、メニューから「エクスポート」を押下します。

「エクスポート」で「全選択」します。

エクスポートで全選択

保存形式はSQLを選択。

SQLを三択

「構造」と「データ」は下記の図のようにチェックを入れます。

st

「ファイルに保存する」にチェックを入れ、エンコーディングは「non」にします。最後に「実行」を押下します。

「ファイルに保存する」にチェックを入れ、エンコーディングは「non」に

xmlファイルと同様にファイルは一旦デスクトップにダウンロードするといいでしょう。

下記はsqlバックアップ方法での全図です。

sqlbackup

まとめ

一旦デスクトップにダウンロードしたサイトのファイルや、データベース(xmlまたはsqlファイル)は、CD-Rや外付けのハードディスクに保存しバックアップするといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

WordPressで構築したサイトをバックアップ
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!