過去のWebページを閲覧するのに便利なサイト「Internet Archive」

photo credit: Smath. via photopin cc

私はよく懐かしい気分に浸るために、「アーカイブサイト」を利用します。アーカイブサイトは、サイトのURLを入力すると過去のページを見ることができます。

というわけで、今回は米Internet Archiveの「Wayback Machine」アーカイブサイトをご紹介いたします。

米Internet Archiveの「Wayback Machine」とは

Internet Archiveサイト

Internet Archive: Digital Library of Free Books, Movies, Music & Wayback Machine

世界中のWebサイトを巡回し、2400億以上のURLのWebページを蓄えており、無料で検索・閲覧をすることができます。その容量は2012年10月には10ペタバイト(約100万ギガバイト)を突破しました。

使い方

まず、テキストフィールドに見たいWebサイト、またはページのURLを入力して「BROWSE HISTORY」ボタンを押下します。

Internet Archive WebサイトまたはページのURLを入力

年別にグラフが表示されるので、閲覧したい年のグラフを押下します。

Internet Archive 閲覧したい年のグラフを押下

その年の月別にカレンダーが表示されるので、丸で囲われている日付を押下します。

Internet Archive 丸で囲われている日付を押下

URLを入力した過去のWebサイトのページが表示されました。画面上部にはArchiveを変更できるグラフとボタンがあります。

Internet Archive 入力した過去のWebサイトのページが表示

閲覧しているページの年を変更したい場合は、年の棒グラフを押下します。その年の月を変更したい場合は、次へ、前への矢印の画像を押下します。

Internet Archive ページの年を変更したい場合は、年の棒グラフを押下、その年の月を変更したい場合は、次へ、前への矢印の画像を押下

まとめ

  • 見たいサイトのURLを入力するだけ。
  • 入力したURLの過去のページを見ることができる。
  • 年月日ごとに見ることができる。

昔みたことのあるデザインで、ページが表示されると懐かしくなります。みなさんは、過去のデザインなどで見てみたいサイトなどはありますでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

過去のWebページを閲覧するのに便利なサイト「Internet Archive」
この記事をお届けした
PC ウェブログの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!